菊理姫(ククリヒメ)に呼ばれて ~六甲山神社へ





7月頃からずっと『六甲山神社』に呼ばれていたのですが、六甲山最高峰付近にあるので

「歩いていくのはなぁ~」

そう思っていた。

何せ『六甲山最高峰』のあたりにある神社ですから(^^;


なので「涼しくなってからね~」ということで先送りしていたのですが・・・



ある日、いつも神託をくれる姐さんから

『六甲山神社に呼ばれてるやろ!しかもだいぶ前から。』


先延ばししているからしびれを切らしたのか、とうとう姐さんの方へ(--;


『車出すから』

と言ってくれたので心が動いた(^^


「でも、仕事休みがないからなぁ」

ちょうどお盆前の話で、お盆の間は休みがない。

かろうじて8月16日だけが休みでした。


すると姐さんから

『8月16日なら行ける』という連絡が・・・(--;

これは『絶対に来い!』という【菊理姫】からの合図です。


ということで16日に行くことになりました。





当日、車で向かう道中はドシャ降りに合っていましたが、途中から雨が上がってきました。

途中、弁天岩に寄り山頂へ



『濡れないから大丈夫』

という神託を姐さんが受け取っていたみたいで、山頂へ上るにつれて雨が止んできました。


そういえば六甲山頂は標高も高くいつも『雨雲の上』。

悪くても『雨雲の中』です。



案の定山頂あたりは雨雲の中で霧が深く、独特の雰囲気がありました。



霧に包まれた【六甲山神社】に着くと、人けがなく静まり返って神秘的です。



『この仏さん(白山姫)が六甲山が崩れるのを守っているみたい』と姐さんが言う。

そんな言葉が降りてきているようです。






石の宝殿にお参り



そして各々の神様方のご神体に挨拶

ここにもやはり八代龍王が(^^



で・・・・

「何故呼んだ? 菊理姫」

と尋ねるが答えはない。



その時は何もわからないまま。

何の言葉もイメージも来ません。


仕方ないので少し『掃除』するみたいに蜘蛛の巣を払ってその日は帰りました。



・・・・・


その日から10日ほど経た満月のころ・・・

瀬織津姫の意思に対して腹をくくったとき・・・

呼ばれた意味がようやくわかりました。





ククリ(括り)を司る女神・菊理姫


括ると結ぶは違いがあるそうで、『括る』は『絶対に外れないよう括りつける』意味合いがあります。

天地和合

陰陽和合

それが菊理姫の御業


天地和合

陰陽和合

神人和合

そのための『腹を括る』ための気付きが、満月の頃に訪れました。



心のどこかで【浄化の女神・瀬織津姫】との融合を

・大それたこと

・滅相もない

・荷が重い

そんなことを思っていたようです。


受け入れているつもりでも、どこか拒絶している部分があったのでしょう。

というより、器に支えきれない・・・

そんな思いもあったようです。



実際、この女神はよく働きます。

こんなに世界のために惜しげもなく努力している・・・

そして強大な力

そんな女神です。


そして女神に付き従う龍王

強大なエネルギーに何度身体をやられたことか・・・(^^;



人に【幸運】をもたらしてくれるとか、【愛】をもたらしてくれるとか・・・

多くの人は神々に、女神にそんな思いを抱いている事でしょう。

女神が自分についたら幸運がもたらされるとか・・・



神を器に迎えるということは、神々の意思を『顕現』させるということです。

言葉を伝えるだけではなく、存在を伝えるだけではなく・・・

この世に『具現』させるための『器』ということです。


神はそのままではこの世に手出しは出来ません。

ではどうやって『顕現』するのか?

それが人という『器』を通してのみ出来ることです。



幸運がもたらされる・・・というのは「受け取る側」の言葉です。

神は「与える側」

その器です。

意味はわかるでしょうか?



とてつもなく大きな力、大きな意思、大きな目的。

それを「生きる」ことへの『肚を括る』


そのために『和合』により離れないよう『ククリ』が行われて、腹を『ククル』こととなります。

だから【六甲山神社】に呼ばれたわけです。


霧に隠された神域で、そんな「ククリ」が行われていました。




ですから、今後は惜しみなく【神の力】を使っていこうと思います。

力を使うことに、もはや躊躇いはありません。

未だ力の一部を使える・・・というくらいですが、その力は日に日に大きくなっているのがよくわかります。

少々身体が追いつくのが大変ですが。



最近、セラピー中に相手の魂を抱きかかえて『高次元』へ行くことがあります。

龍が連れていくときもあり、姫が抱きかかえていくときもあり・・・

神々の領域で魂の目覚めを施したり、色々なことをするようです。

他の神々を呼び出すことも。


まだまだ分からないこともたくさんありますが、「ククリ」を終えた今は【女神】に委ね信頼することも出来ます。

人知を超えた部分に人知を入れては邪魔になるだけですから。



・・・・・


これから起こることは【女神の意思】の入ったものとなるでしょう。

その始まりが【ヒーリングヘッド】の伝授です。


そして女神の意思は

・人と龍との結び

・龍の力を人が「我がもの」とすること

それを求めています。


女神の意思を顕現する媒介として【ヒーリングヘッド】の技術があります。



全てはここから始まります。





The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー