統合前夜の混沌 ~スピリチュアル・カオス





『情報の洪水』と言われて久しい

それは現実世界に於いてもスピリチュアルの世界に於いても同じ


現実世界に溢れる情報の波

取捨選択出来なくなると、人は選択権を委ねてしまう

『大勢にならう』

それが最も安全だから


スピリチュアルの世界も同じ

溢れる情報の波にのまれて

『大波にさらわれ大勢にならう』

それが最も安全だから



『真実は自分の中にしかない』

それがわかっていながらも、情報の波に翻弄されてしまう

現実を見失い

真実を見失い

自分を見失う



現実の物質世界とスピリットの精神世界は陰陽の関係

モノがありハタラキきがある

モノは陰

ハタラキは陽

陰陽一対

その統合前夜の混沌



波に溺れるなかれ

流れに呑まれるなかれ



先日より西日本に続いている地震、大雨、台風などの自然現象が

大切なことを教えてくれます。


自分を見失うなかれ

自分の中にある真実を見失うなかれ

それは、自分を疑うなかれ

自分の真実を疑うなかれ

ということ。


『大勢にならう』とは『波にのまれ流される』ということ。

自分の真実を捨てて、大勢に自分を委ねるなかれ

『依存』を捨てて『自立』を目指せ

それが『陰陽統合』への道である




・・・・・・




昨年来、頭の中で『キーン』という高波動音が鳴り響いています

意識すれば聞こえ

意識しなければ忘れている

それが数か月前から周波数が上がり

さらに高波動になったように感じられます


『音』というとすぐに『耳で聞くもの』と判断してしまいます。

当然『耳』でも聞くものです。

『聞く』イコール『耳』なのですから。

しかし『音』は本来『響き』であり『波動』です。

『耳』のみで感じ取るものではありません。


それは、音楽家の方たちと接していて常々感じることです。

彼らは『音』を『耳』で聞き、『ハート』で感じ取るように聞き、全身で感じ取るように聞いています。

鳴り響く『響き』を聞いています。

陰と陽

身体で聞き

心で聞き

それが統合した『響き』を感じ聞いています。


『キーン』という高波動の響きは

音と捉えれば『耳鳴り』となり

響きと捉えれば波動となります。



音にはもう一つあります。

例えば

大切な人の『声』は本人が目の前に居なくても

ありありと思い出すように脳裡に聞こえてきます。

歯医者の音や黒板を爪でこすった音も同じ。

ありありと『脳裡』に聞こえます。

この『脳裡』に聞こえる『音』は?『響き』は?


『音』や『響き』は記憶の中から引っ張り出せます。

そして、想像の中でも生み出せます。

それらもやはり『音』であり『響き』です。


最近、突発性難聴の話をよく聞きます。

先日もそのような相談を受けました。

そして『音とはそもそも何だろう』と考える。


『言霊』という言葉があります。

言葉に宿る魂・・・力・・・

そんな意味です。


では『言葉』とは?

言語です。

つまり『音』

文字を拾って読むにしても、頭の中で必ず『音』が鳴り響いています。

脳裡に響く記憶や想像の『音」 のように・・・


では『音』とは?

立つ日と書いて音です。

まるで『朝日』のようですね。


きっと

世界を照らし始める朝日のようなもの

それが『音』なのでしょう。



ただ漠然とそんなことを考えていました。



The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー