霊能姉妹と神々の競演 ~次元上昇する【Yuragi桜傾・龍の章】





心身のエネルギー波動を上昇させることで浄化をするセラピー【Yuragi桜傾】

人の心を魂の領域へと導くことで、その次元に存在する『龍』との和合を成立させるのが『龍の章』です。


このことがありありと理解できました。

それを認識できたのは、最近巡り合った『霊能姉妹』のおかげです。

ちょっと呼び方が悪いですかね?(^^;




彼女たちのセラピーを始めると、途端に『別次元』へとトリップします。

意識がリンクし易く、次元上昇も容易なのでしょう。


肉体はセラピーする者とされる者として成立しながらも、意識は光が乱舞する領域へ・・・


触れた途端に彼女たちの元へ行く『龍』がスタンバイ。

お一人は虹龍

お一人は金龍

それが目の前(意識の)に現れて、傍でおとなしく様子を見ています。



セラピーが進むと今度は陰陽師が出てきて真言(マントラ)を唱え始めます。

光明真言を頭の中でしばらく唱え、その後、千手観音真言、毘沙門天真言、弁財天真言、不動明王真言・・・・

頭にふわりと浮かんでくるものを、自然に唱えていく。

すると、意識の世界では眩いくらいの光が右に左に上に・・・・

そして、その空間を様々な色の龍が飛び交う。

犬や猫が身体をこすりつけていくように、龍たちもその身体をこすりつけていきます。


途中、陰陽師がお二人の身体に『防御陣』を書いていました。

なにか意味があるのかな?




時々傍にスタンバっている龍が「つぶらな瞳」をパチクリさせて『まだ?』みたいに目の前に出てくる。

Yuragiセラピーのボディケア半ばなので『まだだよ』という風に意識を伝える。

すると、じっとしていられないのか、周りの龍たちと一緒に飛び回り始める。

そしてしばらくすると再びドアップで『まだ?』と目をパチクリとさせる。

『もう少し』

そう言って、最後の仕上げに入る。


波動エネルギーを整えて最後の上昇を行うと、『待ってました』と言わんばかりに龍が彼女たちの意識へ、身体へと和合してゆく。

滝を滑り降りていくように、エネルギーの流れに沿って踊るように、泳ぐようにうねりながら彼女たちのもとへ・・・



神々の領域での『光の競演』のように、神々が見守る中、『龍と人との和合』が行われているわけです。


この『光の競演』の光景を、一緒に見ている楽しさ・・・・

ただ見ているわけではなく、龍と和合する人が主役となって、参加している光景を目の当たりにしているわけですね。



人と神々の絆を結ぶ龍たち。

龍と共にあることで

神々と共にある



その事実をお二人の姉妹のセラピーで知ることが出来ました。

本当に感謝です。


そして・・・

今後ともお二人にはお世話になりそうな予感がしています(笑)

どうぞよろしくお願いいたします。


・・・・・


この美しい光景を是非ともみんなが見られたらと思います。

意識の『抵抗』があるとなかなか波動上昇、次元上昇にブレーキがかかってしまいます。


受け入れ、委ね、楽しむ。


その心が大切なのだと思います。





The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー