蛹(さなぎ)






先日来の【諏訪神社】の一件がようやく落ち着きを見せました。


まさに【神の御業】を垣間見せられましたが、実際のところ何がどうなってどのように決着したのかはわかっていません。


大地のエネルギーや龍脈、そしてそれを利用するということ、さらには呪術的な結界など様々な要素がありますが、そんな呪術や結界がどのように利用され、さらにそれを【神業】でどのように解いたのか・・・

さらには、その過程で自分がどのように関わり、自分の動きがどのように作用して【神業】と連携して決着させたのか・・・・

わからないことだらけです。


人としていろいろと調べていく中で、『三角結界』や『結界と籠目歌』の関連性など浮き彫りになるものはありましたが、そんな人の段取りなど及びもつかないところで、すべてが『最善』で進められた【神業】には驚くばかりです。

さすがは姫様・・・・

今回ばかりは感服いたしました。


何らかの【影響】で滞っていた龍たちが、姫さんをはじめ様々な神々の【御業】で一斉に大空に放たれ、悠々と空を駆け回る姿を見て嬉しくなりました。


おかげで散々振り回され走り回らされ・・・・

フラフラになりながらも『本当に良かった』と思えます。


何事が起ったのかがわかり次第、この件については書こうと思います。

それまでしばらくお待ちくださいm(__)m






蛹(さなぎ)



幼虫から成虫に変容するとき、蝶は蛹の硬い殻の中で自らを破壊し溶かして、成虫の姿へと作り変えていきます。

この『変容』の時が最もデリケートな時であるため、外部から自らを一切遮断する必要性があります。

このときに殻を破って来られてしまえば、変容は失敗に終わってしまうでしょう。


人も同じ・・・

思春期の蛹の時代は子供から大人へと変容する時です。

だから外界と自分の境界線を際立たせて、自分の変容を邪魔させないようにします。

それを『反抗期』と言ったり『親離れ』と言ったりしていますが、実際は『蛹の殻』という境界線の内側で『自己変容』を遂げようとしている姿です。


そんなデリケートな時に心ない横槍で『蛹の殻』を突き破る・・・

すると『変容』が中途半端になってしまいます。




自ら『変容』するとき

この【境界線】という『殻』がとても大切です。

そんな【境界線】を認め尊重し、そして同時に自分の【境界線】も改めてみる。

自分の【境界線】がしっかりとしていれば、他人の【境界線】をないがしろにすることはありません。


自分の【境界線】がしっかりしているということは、しっかりとした【自己信頼】があるということにもなります。

自分の【自己信頼】がしっかりとあれば、【自己責任】も必然的に存在しているでしょう。


それは【自分を大切にする】ということをわかっている。

だから他人の【自分を大切にする】という心を大切にできるのだと思います。




これは『他人の境界線を犯すことなかれ』ということではありません。

境界線を大切にしているその【人】を尊重し、責任をもって【境界線】に関わるということです。


境界線の内と外でにらみ合っていては、いつまでたっても人と人は結ばれていきません。

自らの境界線を出ることも大切ですし、他人の境界線を越えることも時に大切なことでしょう。

ただ、そこには【信頼】と【責任】が伴うということ。

それ無くして境界線を踏み越えるのは、土足で足を踏み入れるようなものです。


特に【変容】を迎えている人に対しては・・・





天王星が牡羊座から牡牛座に移動した5月の半ばから、人々は【変容】の波にさらされていることでしょう。

そんなときに【境界線】をないがしろにすることは、【変容】を阻害することにもなります。


折しも今は【蟹座】のシーズンです。


蟹の甲らは『繊細で柔らかいもの』を守るために硬いからで覆われています。

【変容】を迎えている『繊細で柔らかな心の状態』の人たちも、硬い蛹の殻で境界線を作っているはずです。


変容を迎える時代だからこそ、今一度自分自身の【境界線】を見つめなおし、大切にしてほしいと思います。



何故なら・・・・


これからまだまだ大きな【変容】のうねりが来るからです。



変容の時代はまだ始まったばかり・・・

だから今のうちに見直しておいてほしいと思った次第です。



私自身も他に漏れず【変容】の最中にあります。


だから

『我が境界を安易に犯すもの赦すまじ』


そんな想いが沸々とみなぎっております。




The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー