稲荷の狐に導かれて ~神戸・諏訪神社




先週起こった地震の前からエネルギーの微妙な違和感を感じていました。

特に週末だった前日、前々日は『妙な静けさ』に包まれているようでした。


「人通りや車どおりが少ないのかな?」


そう思ったが、周りを見てみるといつもと変りない。

ただ何か『空気』が静けさを醸し出しているような感じがしていました。



地震から数日経過した夏至の日、最近よくお世話になっている『生田の森』へ。

実は当日朝から音楽家の先生の「メンテナンス」の予約が入っていたにもかかわらず寝坊・・・(-_-;)

相当疲れていたのか全く目が覚めず・・・・(-_-;)

お昼ごろになり慌てて連絡を取ると

『生田の森にいます・・・』

慌てて家を出て生田の森へ向かいました(^_^;)



生田の森にある休憩用ベンチで30分ほどメンテをして、その日はお別れしました。

本当に申し訳ないかぎりですm(__)m





先生とお別れしたのち、いつもの北野のタリーズでコーヒーを飲んでいたら、なぜか再び生田の森へ行かないと・・・・と思い、店を出て生田の森に再来。

しかし・・・・

「なんで来たんだろう?」

まったく意味が分からない(-_-;)


「せっかくここまで来たから買い物でもしていこう」

そう思ってテクテクと歩いて元町方面へ。

以前、サロンの「邪気払い」のための鈴を買ったアジア雑貨のお店へ行き、家用にも一つ買い足し。

そのお店にある天然石の商品を眺めていて、何故か『アマゾナイト』が気になり

「そうだ、近くの天然石屋さんに行こう」

ということで天然石屋さんへ


天然石のお店に入りアマゾナイトを見ていましたが

「う~ん・・・なんか違うなぁ」

そう思い店内を見回してみると、真逆の色の意思に惹かれ・・・・

マゼンダカラーの『桜龍紋瑪瑙』と桜色の『紅白翡翠』

水色のアクアマリンは、毎月月替わりで売っている『今月の1円ブレス』

1円だから買いますよね(笑)


ここ最近・・・・

ヒーリング中に現れる真っ白の光にピンクやマゼンダが混じった光・・・

姫様のわりと高次元での龍体のお姿(^^)

それが現れることがあります。


つまり・・・・・・

「また姫さんに買わされた!!(# ゚Д゚)」



・・・・

まぁ、そこへ意識を持っていけと言うことなのでしょう・・・

そういうことにしておきましょう(-_-;)





買い物の後、なぜかいつもと違う道を歩いてみたくなり、元町から北へ北へ・・・・

なぜかそのまま北へ上がっていくと、目の前に【諏訪神社】が出てきました。


わりと近所にある神社で以前から気にはなっていましたが、なぜか行く機会が全くありませんでした。

「ちょうどいい。行ってみよう。」


御狐さんが出迎えてくれます。


なんと、本殿の狛犬まで御狐さんです。

ぶら下がっている提灯も稲荷紋。

本殿の垂れ幕は「梶の葉紋」で諏訪大社のものです。

彫り物は【龍】と【獅子】なのでほっとします。


それにしても何か違和感があるなぁ・・・・


そう思いながらも本殿の鈴を鳴らして挨拶をしていると・・・

背後の社務所の窓がガラッと開けられたので振り向くと、紅白の巫女姿の女性が顔を突き出して

『また足に何かくっつけてきたな。何をくっつけてきた!』

と、私のほう・・・ではなく少し後方を見て言っている。

しかし・・・

私の後ろには誰もおらず・・・

犬も猫も何もおらず・・・・・

巫女姿の60歳くらいの女性・・・

よくよく見ると彼女の眼は・・・あの『霊能者』独特の『どこを見ているのかわからない視線』を投げかけている。

訝しんでじっと彼女を見ていると、社務所の窓を『ピシャリ』と閉めて奥へ引っ込んでしまった。

「なんなんだ?」

気を取り直して再び本殿にご挨拶していると・・・・

背中に視線が(^_^;

振り返り社務所を見ると、社務所の奥の方からこちらを『ジ~ッ』と見ている(;'∀')

「ほんと、なんなんだ?」

気になるのでずっと見ていたら、社務所の窓を開けて・・・・

何か言うのかと思ったら、雨戸を閉めて今度こそ引っ込んでくれました(^_^;)


「いったい誰?としゃべっていたのか・・・・」

もしかしたら、私自身が『お稲荷さん』の足にくっつけられて連れてこられたのかもしれませんね(-_-;)

これも一応は『導き』なのでしょう。


その後、お稲荷さんにもご挨拶して少し周りを歩いてみると、なんとも言えない感じが・・・・

しかし、その正体がすぐにわかりました。


妙にまわりに「三角形」が多い・・・・


しかも、古くなった鳥居まで使って「三角形」を・・・


『結界』

そんな言葉が頭を過ります。


そういえば、ここ『諏訪山』は神戸でも有数の『心霊スポット』です。

それで結界なのかな?

そんなことを考え周りを散策していて、小さなお社を見つけました。

何故か妙に気になるお社。

しかし『玉姫』さんって誰でしょう?



そうしてその日は訳がわからないまま神社を後にしました。





その2日後・・・

名古屋から来た友人2人と再び諏訪神社へ・・・

しかしその日は雨が降っており、諏訪神社に着くなりドシャ降りに(;'∀')

先日と違って凄い『拒絶感』が伝わってきます。

しかし強行突破!


だが『拒絶感』が肩や背中に重くのしかかってきます。

「乗られてる・・・」

それがよくわかります。

それでも何故か「行く」という強い意志があり、本殿でご挨拶・・・・

その後、そろそろ戻ろうとしたところで、背中を引っ張られる・・・・・・・・

仕方なく引っ張られる方へ向かうと『奥の院』なるものがあった。


前回来た時全く気付きませんでしたが、なぜか今回は『こっちへ』という誘い。

ドシャ降りの中奥の院への階段をあがっていったところで

『ここじゃ』という言葉が頭の中に・・・

正一位 豊姫大明神


・・・・誰だろう?


ドシャ降りの中挨拶をして、そこを後にしました。

神社を出ると雨が・・・小降りに・・・・・(;'∀')


呼ぶ者と拒絶する者

その日の諏訪神社はそんな感じでした。


もしかすると前回は狐の足にくっついて『しれっ』と通過できたんじゃないかと思います。

でも今回はそうはいかなかった・・・・


これは何かあるでしょう。

しかし、何なのか全くわからない( ノД`)



そして、今日になって降りてくる言葉たち・・・

「結界」「封印」「穢れ」「浄化」「呑み込め」

・・・・・・・

「呑み込め」って言ったか?

穢れを呑み込んで浄化せよ・・・ってか?


それだけは・・・勘弁してほしい(-_-;)

そう言うと身体の中で何故か『黒龍』が動き出す・・・・・(-_-;)

やる気なのか?


でも、それだけは・・・・勘弁してほしい(-_-;)



神戸有数の心霊スポットということは、有数の『邪気の溜まり場』でもあるはずです。

「それを呑み込めって?」

絶対無理!!



確かに、ここは「諏訪神社」であり、この諏訪山の北側には「大龍寺」があり「高雄山」という山があります。

【龍神】の住まう場所のはず。

そんな場所が何故か「神戸有数の心霊スポット」として「穢れ」てしまっている。

これは本当におかしなことです。

「結界」「封印」という言葉通りのことがあるのかもしれません。



なんとか・・・・

呑み込まずに済む方法、祓う方法があればいいんだが・・・・・・・





The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー