未来を蝕む過去への思い





東京から神戸まで、毎月セラピーを受けに通ってきていただいている方がいます。

初めて来られた時からおよそ半年・・・

『自分の真実』と向き合い、自分の中の闇と対峙して、心をどんどん身軽にしてきています。

自分の『闇』と向き合うことは、それはそれは大変なことです。

見たくないから隠してきたものを、自ら取り出して目の前にさらすわけですから・・・・


そうして半年・・・

すばらしく心身共に身軽になっています。


それでも『最後の一歩』を踏み出す恐怖の前で躊躇してしまいます。





The Fool


タロットカードに『ザ・フール(愚者)』というカードがあります。

Wikipediaによると

『自由、型にはまらない、無邪気、純粋、天真爛漫、可能性、発想力、天才』

という意味のカードです。


一切の囚われのない「真の自由」の姿です。

ですが、『崖っぷちで足元も見ない愚か者』という見方もあります。


このカードが逆位置で出ると

『軽率、わがまま、落ちこぼれ、ネガティブ、イライラ、焦り、意気消沈、注意欠陥多動性』

となるそうです。



物事とは視点、見方、捉え方で如何様にも解釈が出来ます。



そして更に、人は固定観念や既成概念に囚われてしまい、そちらに引っ張られるように視点や思考を歪めてしまいます。



何が言いたいかと言いますと、

「この絵の人と犬は本当に『崖の上』に立っているのか?」

ということです。


ただでさえ人より生存本能が上回っているはずの犬が、人より「愚か」にも崖っぷちで前足を高々と上げていて、その前足が着地する場所が無い・・・・というふうに描かれています。

それに断崖の落差も描かれていません。

でも背後に山っぽいものが描かれていますし。

つまり『崖っぷちに見えるように』描かれているということです。

背後の山っぽいものは本当に山でしょうか?




人は人生の中で、得てして『崖っぷちに立たされている』と思ってしまうことがあります。

また、『そちらに行けば・・・とか、それをすれば崖っぷちに立たされることになる・・・』など。




人が『崖っぷち』と思うことも、犬の純粋で囚われのない目で見れば『何のことはない』場所であり状況だということ。

だから無邪気に跳ね上がっていたり出来ます。

この絵に描かれた人も同じ。

多くの人が『崖っぷち』に見えていることも、この人は『崖っぷちではない』と見えているのでしょう。

だから恐れない。

何故なら『その場に立って真実を見ている』からです。



きちんとその場に立たなければ『真実』は見えてこないということでしょう。


描かれている人が『愚者』なのか、これを崖と見る人が『愚者』なのか・・・・・






未来と過去は同居しない



新しい未来のステージへ向かうには、過去の概念を壊さなければなりません。

しかし、人はなかなか過去の概念を捨てきれない。

それは、過去の『思い』が枷となっているからです。


過去を手放すことは過去と決別することではありません。

しかし、過去を手放した途端に『古き良き幸せな時』も消えてしまうと思うのでしょうか・・・

だから過去を未来に持ち込みたがります。

『古き良き時代』の延長線上にあるという『安心感』を得ようと、握り締めた手を放そうとしません。

『幸せの継続』とでもいうのでしょうか・・・


しかし、『古き良き過去』には、これから始まる『未来』は存在していません。

これから創造するのが未来です。

そこに『過去』を持ち込もうとしているということです。


これでは、新たに想像される未来は『古き良き過去』となります。



全く新しい状況、環境、人、カタチ・・・・

そこに『古き良き過去』という土台を築こうとすれば、新たな未来は消えていきます。


新しい状況や環境、そして人には『古き良き過去』の中に居場所はありません。

その逆もまた然り。

新しい状況、環境、人の中に『古き良き過去』の居場所はありません。




過去を手放し未来を創造するということは、決して過去を消し去ることではなく、むしろ『過去を活かす』ことです。

それは、過去を『自由』にすることでもあります。

過去を縛り必死に『今』に繋ぎ留めておくというのは、過去を『活かさない』ことです。

そして、『過去が死ねば未来も死ぬ』ことになります。


過去を自由に解き放つことで、過去が活き未来も活きる。


自分の『過去』という礎を『活かす』ことで、しっかりとした未来の『礎』となります。

けっして『鎖で繋いで未来へ連れていく』ことが『活かす』ことではありません。





人と人は『思い』で繋がるものです。

それを『状況』や『環境』で縛れば、思いは『反転』するでしょう。

新しい未来を築くなら、一度手放し自由にして活かすことです。

そうして改めて「未来に必要」なものならば、新たに結びなおせばいい。

「未来に不要」なものならば、そのまま手放せばいい。

そうすれば、未来に過去は持ち込まれない。

だから未来が壊れることもなく、過去も死ぬこともない。

それだけのことです。





何度も転生する魂は、すべてを忘れて『人』として生まれてきます。

だから新しい未来を創造できるのです。

そして、まったく忘れてしまったとしても、必要な魂との出会いがちゃんとあります。

忘れて失ったように思えても、必要なものは結ばれていきます。


縛り付けた『枷』を手放すからこそ新しくなり・・・

必要だからこそ繋がる・・・


何も無理に縛り付けて持っていく必要はありません。



縛れば縛られる。


だから

活かせば活かされ

放てば放たれ

自由を与えるから自由が与えられる。



与えることと受け取ることは常に同時・・・という理(ことわり)です。




崖っぷちだと思っているから『過去』という命綱を手放せない。

しかし、『命綱』と思っているものが、実は自らを縛る『鎖』です。

自らを過去に鎖で繋いでいる限り、新しい未来へは行けません。

でも未来へ行きたい・・・・

過去と未来に引っ張られ・・・・・・・

だから苦しくなります。



過去を活かすために解き放つ

そうして未来で新たな『結び』を・・・

決して『縛らない』結びを・・・・







The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー