感性の時代の幕開け




失われた『自己信頼』


人は・・・社会は長らく『感性』というものをないがしろにしてきました。

『直感』や『感覚』を「いいかげん」なものとして、『信頼に値しない』ものと決めつけて、社会常識のベースとなる要素から排除してきました。

そのため、『感性』は『信頼できない』ものとして、無意識に潜在意識で排除するようになっています。



そう思う

そう感じる

なんとなくそんな感じがする


そんな『感覚的』なものをきっちりと『明確』にする術(すべ)を、初めから『排除』していたわけです。



『感覚』は人それぞれ・・・・

統一性がなく一貫性がなく・・・・

だから『いいかげん』なものとして、人の『判断要素』から排除されてきました。


しかし、そのために人は大切な『自己判断基準』を失ってしまったわけです。


自分の『感覚』『感性』を信頼できないから、自分が『感じた』ことさえ『いいかげん』なものとして潜在意識で処理され、大切な『判断基準』を外側に求めるようになっています。


「みんなが言うから」

「常識がそうだから」

「そう教えられてきたから」



自己判断基準を失った人は、外側から与えられる『判断基準』にすがるしかなくなります。


自分が感じている事と違う・・・・

でもみんながそう言っているから自分が感じていることが間違い・・・・


そうしてやがて人は『自己信頼』さえ失っていきます。





癒奏術・ゆらぎセラピーの起点 ~牡牛座の感性から


2年前から「Yuragi Therapy」のメソッドの構築、そしてアロマブレンド「Re:Quiem」シリーズの開発を行う際、重要な『鍵』となっていたモニター、テスターの方がいました。

施術の微細な感覚を理解し、アロマの微妙な配合の違いを理解できてしまう。

まったくの『素人』ですから、施術がどうとかアロマの配合がどうとか一切わかりません。


ですが、彼女は絶対的に『自分の完成を信頼』している人でした。

自分が受ける施術の感覚、自分が香りを嗅いで受ける変化、肌で感じるブレンドの違い・・・

それらを見事なまでに『的確』に捉えていました。

そして、良悪の判断も『自分の感性』に従って的確に判断する。


そこにあるのは『自分にとって良いか悪いか』という、純粋な自己価値への絶対の自信でした。


だからこそ、本当に『良いもの』しか通用しない。


それが『癒奏術・ゆらぎセラピー』と『Re:Quiem』アロマブレンドの出発点でした。

また、彼女は『音楽家』でもあったため、彼女の判断から音楽家へのセラピー『Re:ist Method』へと発展していき、それがベースとなり現在のセラピーに至っています。


その彼女が『牡牛座』生まれの人の『豊かな感性』を存分に発揮してくれたおかげで、自分のセラピーが『他にはない』唯一無二のものとなりました。





牡牛座天王星時代


牡牛座の豊かさは『感性の豊かさ』だと思います。

感性が豊か・・・とは、感覚の鋭さや感覚を大切にする心・姿勢、そして何より自分の感覚を絶対的に『信頼』しているからこそ、その感性から生まれるものが『豊か』になります。



小さな子供は「社会常識」や「他人目」などとは無縁であり、潜在意識にもまだ何も書き込まれていない「クリーン」な状態です。

そんな子供が判断基準にするもの・・・

それが『感覚』です。


自己感覚を研ぎすまし、その感覚を頼りに『世界』を捉えています。

自分の『感覚』を信じているからこそ、「社会常識」や「他人目」「潜在意識」に左右されて『歪められる』ことなく『世界を真っ直ぐに』見ています。



牡牛座の豊かな『感受性』は、とりもなおさず『世界を真っ直ぐに見つめる目』です。

外部の情報を排除して、純粋な『自己感覚』を信頼するからこそ生まれる豊かさ。


誰かが『良い』というもので満足せず、誰かが『当たり前』というものを安易に享受せず、あくまで『自分が良いと思う』感覚を大切にする。



今までないがしろにされてきた『感性』こそが、実は人を豊かにする最大の『価値判断基準』なのでしょう。



他人が『良い』と言うものや、常識として『これがいい』とされているものを、いくら追いかけたところでいつまでたっても『飢餓感』『枯渇感』が無くならない。

それはただ単に潜在意識に刷り込まれた『常識』に従うことで、潜在意識の『恒常性維持機能』を安定させるだけのことだからです。

結局のところ自分の『感覚』『感性』が満足していない。

そこの『飢餓感』『枯渇感』が『満たされなさ』となっています。



本当に『豊か』になりたいならば、自分の『感性』を大切にすることです。

『自分が感じる感覚』

それ以上に『自分』にとって大切な『価値基準』はありません。

そして、その自己感覚を絶対的に『信頼』すること。

それが自分の価値を高め、揺るぎない『自己信頼』となります。



本当に良いもの

本当に大切なもの


その価値基準、価値判断を他に求めることは、自分に対する『裏切り行為』ともなります。


自分にとって本当に良いもの

自分にとって本当に大切なもの


それこそが、人にとって本当に良いものであり大切なものであるはずです。

そして純粋に『自分にとって・・・』を求めていれば、必ず気付いた時には

『周りも同じものを価値あるもの』と判断していることに気付きます。



価値を『外側』に求めるのではなく、自分の『内側』に求めることで、本来あるべき『社会常識』が生まれます。


内の如く 外も然り


それが世界の『理(ことわり)』です。






明日、天王星が牡牛座へ移動し、そこから7年ほどをかけて『価値基準』を変革していくでしょう。

世界を真っ直ぐに見る人が増えることで、世界の真の姿が現れるでしょう。

そして、感性を大切にすることで『自己信頼』を得た人が増えてくるでしょう。


自己信頼が他者信頼へと繋がり、信頼が自己責任をもたらし、他社との『調和のとれた共存』の道が開けます。

それが『共生社会』


これからの7年間

自分の完成を高め、自分の価値を高め、自己信頼を高め、他者との共鳴・共生を高めてほしいと思います。


そして

揺るぎない『自分の道』を歩いていってほしいと願います。





The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー