邪心を操るもの・・・





人の直接的な邪気や邪念は『シャットダウン』してしまえば影響は軽減される。

気持ち悪さは無くならないものの、それに振り回されることはない。


そう思って安堵していたところ、先月頃から

『どうも様子がおかしい…』

ということにふと気付いた。


『シャットダウン』しているにもかかわらず、明らかに『通過』してくる。

「なんでだ?」

と、よくよく様子をうかがっていると、どうやら『人』を媒介通路にして『迂回』して飛んできていることに気付いた。

だから、さらにそこも『シャットダウン』していたのだが・・・・・

『もう一段』迂回して来る・・・・・・

しかも、『シャットダウン』出来ないところを通ってくるからたちが悪い。



これは明らかに人間が出来る技ではありません。

エネルギーの流れ、人の深層心理、恐れや妬みなどの感情を熟知しながら、それをうまく『利用』しているわけで、それ相応の力と知恵がなければ出来ないでしょう。

では、それをやってのけるものとは?




昨年、一昨年と同じ状況に見舞われたことを思い出します。

常に『邪気』にまとわりつかれる感覚・・・

気持ちいいものではありません。


ただ、その時はそんなエネルギーの流れも、邪な『思惑』もあることなど気付きもしませんでしたが、今ならよく理解できます。

人の影に隠れて動き回る意思・・・・


しかし、それは人の心の中の『邪心』が呼び寄せ招いているもの。

なければ『媒介』となることはありません。




『邪心』は人の恐れや欲望、潜在意識の『恒常性』機能から生まれます。

誰もが持っているもの・・・

ただ、それに流されるか流されないか・・・

その差が『取り込まれない』ための要素なのでしょう。





先月・・・・

自分の中に入ってきた『国常先生』が昨日から『立ち上がって』います。

運ばれてくる邪心の先にあるものに対して睨みを利かせるように。


その『国常先生』と自分の中の『瀬織津姫』と『陰陽師』が、そんな状況を教えてくれました。

そして姫が『斬れ!』と言ってます(^^;

「どうやって?」

『逆もまた然り・・・』

「・・・・・・・」

エネルギーの流れを『逆利用』しろということのようです。


『道の先を狙え』

「・・・・・・・」

つまり、道の先にいるであろう『対象』めがけて『剣』を振るえ・・・・とのことのようです。



実は、この邪心の元凶は『蛇』のような存在です。

『龍』から堕落した『蛇』なのかもしれません。

知恵もあり力もある。

放置しては厄介なのか・・・

だから『斬れ!』と容赦がないのかもしれません。


現に散々厄介ごとに巻き込まれていますから・・・(^^;




『浄化』するだけでは解決しないこともあります。

『汚さない』心が大切です。

六根清浄・・・・ですね。




The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー