夢への情熱



姿勢と態度



姿勢と態度の根本的な違い・・・

それは「本能」と「思考」の違いでもあります。


どんなに素晴らしい態度を装っても、姿勢と態度が食い違っていれば、いとも簡単に伝わってきます。

姿勢は態度に現れます。

それは、姿かたちの「見た目」ではなく、「熱量」として伝わってくるものです。


肉食動物が獲物を捕獲する時の姿勢・・・

それは「獲物を捕獲する」という一点集中の「情熱の姿勢」でもあります。

そこには「態度を装う」ことなど微塵もありません。


捕食される側も同じ。

そこには「態度を取り繕う」ことなど微塵もなく、ただただ「逃げ切る」ことに情熱を注ぎ込みます。





学びと習得


どこから間違ったのか?

「学ぶ」ということと「得る」はずのものがズレていると感じます。

「学ぶ」とは食事をして身体の血肉に変えるように、知識を自分の血肉に変えるということ。

それがいつしか「学びの過程」が「装い」となるような学びの在り方が増えてしまっていると思います。

というよりも、「過程を終えた」ことと「習得」したことを混同してしまっているのかもしれません。



「癒奏術」のセラピーの技を教えてほしいと言い、その「カタチ」だけを真似しようとしたところで、それは「技術」とはなりません。

しかし、「過程」と「カタチ」を覚えて「装う」ことを目指している人は多い。

でもそれは「習得」ではありません。

習得しない人に教えても意味はなく、また、教えを受けたとして「名乗り」を与えるわけにもいきません。


大切なのは「技のカタチ」ではなく、その奥にある「心」です。

もし、その心があるなら、技の伝授はいとも簡単なものとなります。

そして、その心があるなら、自分の技を生み出すことも出来ます。




「習得」しようとする人はすぐにわかります。

そこには明らかに「熱量」の違いがあります。

そして「姿勢」が違います。

だから自ずから「態度」ににじみ出てきます。


言葉は悪いですが「貪欲さ」があります。

そして、獲物を逃がさないための「姿勢」があります。

それは、とても美しい「情熱」の姿です。


そんな「熱量」に呼応するように、情熱ををもって伝えたくなるものです。

情熱が「共鳴」するからこそ、そこに「調和」が生まれ、生命が継承されていきます。





夢への情熱


夢を現実に変えるための「情熱」をどれだけ持っているのか?

その「熱量」こそが夢を具現するエネルギーとなるのでしょう。


『夢中になる』


見た目や装いではない「夢中」になっている「姿勢」

そんな姿がやはり美しいと思います。



・・・・・



私にも夢があります。


『こんな世界で生きたい』という夢


その美しい世界を垣間見るため・・・

そこに住み生きるため・・・

その世界への扉を開くため・・・



そんな世界の『創造』を目指して・・・

三度目の挑戦が始まります。




The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー