山桜




覚醒からようやく1か月程をが過ぎ、なんとか「姫」との生活にも慣れて・・・・・(^^;

たぶん慣れてきたのだろうと思う。



そんな覚醒時から、なぜか毎日「ハチミツ」三昧の日々が続いている。

とりあえず色んな飲み物に「ハチミツ」を入れる。

それも結構な量を・・・

「姫」はそうとうな「甘党」なのだろうと納得し、「ハチミツ」生活を続けていたある日、

ちょっと高めの「カナダ産ハチミツ」を買ったところ、何故か「姫」がアマテラスさんのところへ行き『違う』と訴えた。

私ではなくアマテラスさんに・・・である。

どうも私が『気付かない』から、仕方なしにアマテラスさんのところへ『訴え』を起こしたようです。

そして別の日、アマテラスさんが車を運転していると、なぜか『どうしてもハチミツを買わなければ・・・』という気にさせられて、そのまま方向転換して『ハチミツ』を買いに行った(^^;


それがこれ・・・

桜の花の蜜だけで出来た「さくら蜂蜜」

どうしても『これじゃなきゃダメ!』ということらしいです。


『もう!なんで私が買わないといけないの!!』

そりゃそうです。

前回、姫が無理やり頭痛を起こさせてアマテラスさんに作らせた「ブレスレット」に続いて2度目ですから・・・


ほんとに・・・

いったい相手を誰だと思っているのだろうか(^^;


そして、この「さくらハチミツ」を届けてくれたのが「スサノオ」という・・・・・

いったい相手を誰だと思っているのだろうか(^^;




何故ハチミツかと言いますと、『身体を浄化する』ためだそうです。

もちろん私の身体の浄化です。

そんなに汚れているのか?(-。-)


そして、なぜ桜かと姫に聞くと

『桜の花は私の心 和の心 幸せの花 その花を咲かせる そして皆ひとつになる・・・』

ということだそうです。

アマテラスさんによると、姫の姿は2パターン見えるそうで

一つは、美しい森の中の清流のほとりに佇む姫の姿

もう一つは、桜が咲き乱れる中に佇む姫の姿だそうです。

私にもスサノオにも見えない光景です。

さすがアマテラスさんです。




山桜


前置きが長くなりましたね(^^;

でも必要な前置きですのでお許しを。



自宅の窓を開けると北野の山がすぐ近くに見えます。

ちょうど北野転換神社が管理している「青龍神社」が北野にあって、その神社の北側の山には川の名残の谷間があり、ちょうど「龍脈」となっているようです。

自宅の窓からちょうどそこがよく見えます。


昨日、お昼ごろに窓を開けて、ふと山を見てみると、いつも一緒にいる『虹色の龍』が、その谷間を山頂に向かってススーっと登っているのが見えた。

「あいつ、何してるんだ?」

この狭い部屋に居る必要はないけど、なんでわざわざ山を登っている姿を見せたんだ?

そう思っていると、頭の中で『山を登ろう』という声が・・・

「え~っ、今洗濯物を乾燥機に入れたばかりなのに・・・」

『登るの!』

「え~・・・夕方から仕事あるし・・・」

『・・・・・』

「はい、わかりました。登りましょ。」

そそくさと着替えて外に出て、自動販売機で水だけ買って、山のほうへ向かいました。

「そういえば何も食べてない(ー.ー;」

『フフッ』

「・・・・まったく・・・」


近頃運動不足だったので、ゼーゼー言いながらようやく神戸の街を見下ろせる、いつもの見晴らしのいい山腹まで来た。

自宅から10分ほどでここまで来られるのだから、近いと言えば近い。

すこし暖かくなってきているので、登って来た時には少し汗ばんでいた。

「さあ、登って来たぞ」

『・・・・・』


しばらくぼ~っと景色を眺めていて、ふと気づいた。

「そういえば龍が登っていたのはもっと西側だったな。それにもっと上まで登っていたなぁ。」

そんなことを考えていると、足元に1匹の虫が飛んできて靴に止まった。

よく見ると・・・

「あ、ミツバチだ」

先日のハチミツといい、今日のミツバチといい、なんか・・・・・

その時、頭の中に「さくら」という言葉と共に映像が飛び込んできた。

昨年撮影した『山桜』

この山腹から更に登った「頂上」に咲いている山桜です。


『行こう』

「え?」

『見に行こう』

「え?頂上まで?」

『すぐだから』

「ん~・・・確かにそれほどでもないかな。行くか!」

『行こう』


再び・・・・

ゼーゼー言いながらようやく頂上に・・・

「ぜんぜんそれほどでもなくなかった(-。-;」



やはりまだこの時期は咲いているわけはありませんね。


それでも桜の木の前で、嬉しそうに桜の木を眺めている。

よほど桜が好きなのでしょう。


と、私が心を許した途端

『登ろう』

「え?」

『あそこに登ろう』

「え・・・・?えぇ~~!!」


木に登れとおっしゃられますか・・・姫さん(-。-;)



・・・・・

何十年ぶりかに木登りをしました。

そして・・・・


あとはご想像にお任せします(^^;




帰宅して洗濯物を乾燥機から取り出して・・・

もう仕事へ向かう時間・・・

「そういえば、朝から何にも食べてないぞ(-。-)」





山桜のように

美しく 力強く 潔く

それが大和の心


・・・瀬織津




The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー