Healing Dragon



『すご~い!龍が身体中を動き回ってる!』


エネルギーを明確に感知できる人は少ない中で、唯一、明確に理解し合える「スサノオ」の魂を持つヒーラーさんと、最近練習に励んでいます。

そして、彼にヒーリングをした時の言葉が上記の言葉でした。


龍使いの姫の魂を宿してから、自分のエネルギーがどんなふうに『癒し』を与えているのか、イマイチわかりにくかったものが、彼には明確に感じ取れる。

『エメラルドグリーンの龍』が彼の身体を、縦横無尽に駆け巡りながら『癒し』を与えていることが理解できました。


今まではエネルギーが身体の表面から浸透する・・・というカタチであったのが、少し前に「スサノオのエネルギー」と「姫のエネルギー」の『交換』が行われ、彼の中に龍のエネルギーが加わり、私の中にスサノオの剣のようなエネルギーが加わった。

それによってヒーリングエネルギーが姿を変え、身体の中に直接入り込むエネルギーに変容している。

『陰陽和合』することで、エネルギーの幅が大きく広がりを見せつつある。


そして、彼のスサノオのエネルギーも、龍が加わることでエネルギーの質を変え、より早く身体の全身に伝達するように変わってきている。



サーっと体の中を流れるエネルギーは、龍が泳ぐように進んでおり、その龍に明確な意図を与えることで、龍がそれに応えて全身を駆け巡る。

エメラルドグリーンのその姿は、まさに『癒しの龍』です。




龍のエネルギーはとてつもなく強大で、今の私の身体には収まりきらない。

当然、それを使う『姫』のエネルギーも強大で、現在の私ではその力を十二分に発揮できていない。

もし彼女がフルパワーを解放したら、おそらく私の身体は分裂してしまうだろう。


スサノオのエネルギーも同じ。

もしフルパワーを出せば、人の身体は焼かれでしまうほど、強烈な『雷』のようなエネルギーです。


質こそ違えどとても強力なエネルギーです。



そんなエネルギーに耐え得る身体、そして発電量を確保するため、修行が続いております。

『こうすればいい』

そんな前例などない道だから、頼れるものは『導き』のみです。


答えは自分の内側にしかない・・・

そんな道です。



・・・・・・


そんな中、彼が私に『ちょっとしゃがんで・・・』と言うのでしゃがんでみると、彼とスサノオが入れ替わり『遅い・・・』そう呟きながら私の左目にないやら処置を施し始めました。

処置というのは、何かの文字(サンスクリットの真言)を左目のあたりに指で書きながら、何やらブツブツとつぶやき、左目に手のひらを当ててなにやらしていました。

たぶん『見える』ようになるよう処置を施したようです。

なかなか『開眼』しない左目に対して『遅い・・・』というつぶやき。


『開眼』するということは、あちらの世界がよく見えるようになるということです。

非常にスローペースで進んでいるので業を煮やしたのでしょう。

たぶん、なかなか進まないのは、私の中に「ブロック」があるからです。

何故なら・・・

『左目の視力を失う』という『代償』を聞かされているから・・・

「受け入れて」はいるものの、やはりどこかで「拒否」している自分もいるのでしょう。

それと・・・

「見たくない」あの世の者たちも見えてくるでしょうから・・・・



龍を使うための『清水』を表すブレス。

同時に『目を洗う』という意味合いも持っています。

『これを付けたら視力を失うよ・・・』

そんなブレスです。



その代償として得るものは?


神の目です。




The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー