Revolution Eve ~革命前夜




1月の新月後の「覚醒」の後、癒奏術・Yuragi Therapyはますます進化しています。

2018年に入っての新月後、未だひと月も経ていなうながらも、まだまだ変化し進化を遂げています。

昨年で「完成した」と思われたセラピーに、まだ先があるとは思ってもみませんでした。

ここから先の進化は単なる発展ではなく、セラピーの「革命」へと続くもののように思います。





Yuragi Therapyは「身体に負担をかけない」ことを大前提としています。

決して身体に「負荷」を残さない・・・

それは、音楽家のための「Re:ist Method」という技術に裏付けされています。


セラピー直後に最善のパフォーマンスを発揮できる


そんなセラピーです。




それを可能にするのがYuragi Therapyの整体技術でもあります。

『ピンポイント』で不具合に働きかけるから、無駄に身体を痛めることがありません。

しかしながら、『ピンポイント』で働きかけるからこそ、施術の際に痛みを伴う場合もあるわけです。

決して後には残らない「痛み」ですが、施術の際に痛みが伴うことがあります。

時には「激痛」と感じるような場合もあります。

「激痛」を伴うような施術は、無理をして出来ることではありません。

痛覚に強い方であれば耐えられますが、それでも力が入ってしまい、完了させることが出来ない場合もあります。

痛みに弱い方であれば、無理をして行うわけにはいきません。


明らかに改善するとわかっていても、無理をして出来ないわけです。



・・・・・



今年に入ってからの覚醒、進化によって、ヒーリングエネルギーが様々な進化を遂げています。

そんな中で『痛覚を無くす』というヒーリングエネルギーを確保しました。

そして、このエネルギーを注ぎながら、上記の『激痛』を伴う施術をしたらどうなるだろうか?


それを実際にやってみると、本当に「施術の激痛」が消えました。


『激痛』が起こらないから施術を受ける側は「リラックスした状態」のままです。

「リラックス」しているから、緩める時間も労力もほんのわずかで済みます。

よって、身体にかかる負担は更に軽減されているわけです。


これは進化というよりもはや「革命」的な出来事です。



・・・・・



そしてもう一つ。

Yuragi Therapyの技術の伝授をしていたアロマ・セラピストの女性に、ヒーリングエネルギーの伝承をしました。

セカンドインパクトと共に動き出した「龍」の分霊を、彼女に伝承したような状況です。

そして、その彼女に、同じく「痛覚を取るヒーリング」を試してもらったところ、いとも簡単に出来てしまいました。

これにも驚きました。

以前から、彼女の中にある種の「力」を感じてはいましたが、みごとにヒーリング技まで使いこなしてくれました。


これほど嬉しいことはありません。


かけ離れたチカラは伝承に値しないものですが、充分伝承に値することを彼女が証明してくれました。

当然、人を選ぶ必要はあります。

誰もが出来ることではありませんから。

しかし、伝承できるということは、私一人のレアな技・・・というわけではなく、広がりの可能性を見せてくれます。



Yuragi Therapyの基本的な「技」という「働き」が、様々な形で広がればなお嬉しい限りです。

私から彼女に伝承されたとき、その「技」はアロマセラピーやエステで使われます。

これも「進化」のカタチです。



この「力」はまだまだ初期段階です。

だから今後も様々な変化、進化が現れてくるでしょう。

今までに全くなかった『癒し』のカタチとして、Yuragi Therapyは更に成長を遂げていくでしょう。


まさに『革命』の始まる『前夜』

- Revolution Eve -

そう呼べるでしょう。





The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー