宝珠





この世とあの世の全ての世界を表すもの・・・

それが「八咫鏡(やたのかがみ)」

その世界は8つに区切られ、1~4が天上界(意識界)、5~8が地上界(物質界)となる。

4と5の間にある黄泉平坂

8と1の間にある八坂

八咫鏡を斜めに走るそのラインがあの世とこの世の界(さかい)となる。


八咫鏡の中心に向かい、フィボナッチ数列の如き「渦」がある。

天上界からの渦

地上会界からの渦

それが中心点で交わる。


その中心点から上下に伸びるヴォルテックス(渦)がある。

天上界から降りるヴォルテックス

地上階から登るヴォルテックス

界(さかい)の線を境界に、上下に飛び出る三角形のヴォルテックス

上と下が重なる領域



八咫鏡を伊邪那岐(イザナギ)という。

上から中心に向かう渦がイザナギの左目であり

下から中心に向かう渦がイザナギの右目であり

上下に飛び出る三角形がイザナギの鼻である


天上界がアマテラスの領域(左目)

地上界がツクヨミの領域(右目)

この二つが八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)


そして、重なるヴォルテックスがスサノオの領域(鼻)

そのヴォルテックスから発するエネルギーがスサノオの剣(草薙剣)



これは「カタムカナ」の思念と数例を読み解いた吉野信子さんがおっしゃっていた言葉です。

言葉自体変えてありますが、このような意味です。




・・・・・・



アーク(箱)と共に隠された「宝珠」

聖徳太子が隠し、役小角が隠し、空海が隠し守ったアークの中身の「宝珠」

それは「結び」の力

そして「祓い」の力



・・・・・・


陰陽は一対のものなれど

陰は陽を知らず

陽は陰を知らず



光は闇を垣間見ることは出来ない

闇も光を垣間見ることは出来ない

何故なら、光が闇を見るために照らしたとき、闇は闇ではなくなる。

闇が光をのぞいたとき、闇は闇でなくなる。



ただ一つ

闇が光を知り、光が闇を知る時がある。

それが「蝕」


イザナギとイザナミが出会う道

それが「蝕」という「くくり」の道

黄泉(4・3)と現在(いま、5・6)を結ぶ道



・・・・・・


陰陽は一対のものなれど、人の中で分離され久しい。

そして、その「乖離(かいり)」はますます大きくなり、かすかなつながりをも解こうとしている。

上昇する渦と下降する渦が離れ、螺旋の縺(もつ)れにあがくも動けない。


縺れを解き、断ち切り、祓い、結びなおす。

それが「宝珠」

黄泉と現在を結ぶ道

その道を祓い、結ぶ

ミロク(3・6)を結びて再び神の世と成さん・・・・・





明日は獅子座の満月で皆既月食が起こります。

ドラゴンゲートが開いた2017年8月の獅子座の新月皆既日食から、何が「満ちた」のでしょうか。

あの時の強烈な「変革」のエネルギーが、「具現化」のエネルギーへとシフトします。


「意図」すること。

それが、「如意宝珠」の祓いと結びの力を呼び覚ますでしょう。





The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー