魂の狼煙




新年早々、今年最大のスーパームーンとなる蟹座の満月。

そして今日からようやく変革の惑星・天王星が順行します。

更に、今日からしばらくの間、全惑星が順行状態となります。



蟹座の支配星は月です。

そんな蟹座でのスーパームーン。

そして、蟹座は「感情」を司る星座。

硬い殻の中に愛情たっぷりの感情を詰め込んでいます。

そして蟹の「殻」は境界線でもあります。

境界線の内と外・・・

境界線の内側のものは命がけで守るのが蟹座です。

命がけで友のために戦った蟹の怪物・・・それが蟹座の由来です。


だからこそ境界線がハッキリしているとも言えるでしょう。

命をかけて守る価値が有るのか無いのか・・・





変革を望むなら、湧き上がる感情のままに行動してみてもいいと思います。

天王星の順行、そして全惑星の順行が、在るべき姿に向かうエネルギーとなるでしょう。


その後に起こる出来事を受け入れる覚悟があるなら・・・です。


覚悟のある人にとって、今日のスーパームーン、そして惑星のエネルギーは「魂の狼煙」となるでしょう。


  • 魂を偽り生きる事が出来ない
  • 自分の魂に正直に生きる



2018年は「具現化」の年です。

それは「魂の真実」を生きる者にとって喜ばしい具現化です。

「内の如く外も然り」

内側の真実が外側に現れる「具現化」の年です。


内側に「曇りなき心」を保つため、湧き上がる感情を無視しないことです。

自分の中の光も闇も、一切を照らし受け止める。

それが「曇りなき心」です。




自分を偽り「人目を生きる」ことを続ければ、それが具現化するだけです。

いつまでも「恐れ」の中で・・・


自分を偽っている限り「恐れ」から逃れられません。

何故なら「恐れ」が自分を偽らせているからです。

自分を「恐れ」に委ねているということ。



「恐れ」という枷(かせ)に身をゆだねる心地よさ・・・

そんなものを覚えてしまい、恐れを手放せなくなる。




「自由」であれ「恐れの枷」であれ、結局のところ自ら手を伸ばさなければ得られない。

人はいつでもどちらでも選択できる。

それを誰も強制することはできない。

「恐れ」とは、誰かに「恐れさせ」られているわけではなく、自ら「恐れ」を選び取っているにすぎない。


誰も「自分で選んでいる」とは気付かない。

何故なら「恐れ」だから。

そんなもの選ぶわけがないと決めつけているから気付かない。

しかし、何のことはない。

自分で選んでいるだけである。





魂の狼煙が上がる今日・・・

何を選ぶかは自由である。

そして、今年何を具現するかも自由である。




The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー