解放の時




2年前・・・

「2年間」という期限を設けてセラピーメソッドを開発するために、全力で精力を傾けるために自らに課題を科した。

「プライベートの自粛」

2年間、遊びを自粛し、恋愛を自ら禁じて、ようやくメソッドの完成が成った。




「やる」といったことは必ずやり遂げる・・・

それが自分自身への「自己信頼」となっている。

そして、宣言することで「導き手」が全力で応援してくれる。



その2年という歳月も、残すところあと1週間。

今年最大の「変革」のエネルギーが降り注いだ先週の1週間が終わり、明けて穏やかなクリスマス。

来年を見据えての新たな宣言をしておこうと思った次第です。

でないと「導き手」がそのままにしてしまいそうなので(^^;




自己を解放する


来年からは自粛を解きます。

 遊びの自粛の解除

 恋愛禁止の解除

これらを解き放ちます




他人様にはどうでもいいことですが、自分にとっては大切なことなので・・・





恋愛を禁止しておいて本当によかったと今更ながら思います。

「禁止」していてさえ大変な状況になったわけで、もし禁止せず普通にしていたら、メソッド完成どころじゃなかったかもしれません。




ただ単に「メソッド」という体裁を造るだけでは意味がありません。

人に認められてこそ意味があります。

そんな確たる信頼できる「メソッド」を、たった2年で完成させるとなると、相当なエネルギーを注ぎ込まなければなりませんでした。

単なる「技」ではなく、しっかりとした「道」として存在し得るもの・・・

そういうものでなければ価値はありません。


そして、「独自性」「希少性」があるからこそ、作る意味があります。

でも、やはり一番重要なのは「必要性」です。



心から「必要」としてくれること。

心から「価値」を認めてくれること。


それは、「存在に値する」ということです。




私自身、セラピーのお店をするためにメソッドを開発したわけではありません。

技を伝授するセミナーを開くためでもありません。


このメソッドは「未だ手が届いていないところへ手を届かせる」ためのメソッドを開発してきました。


 必要なところに手当てが為されていない。

 それはいまだ手が届かないから・・・


そんなところへ手が届くメソッド・・・

それが「浅田流癒奏術・Yuragi Healing Therapy」です。





そんなメソッドを、少し前から一人の人に伝え始めていっています。

少しづつではありますが、「価値」を理解してくれたからこそ、広がりを見せ始めています。

そして、伝授することで「技」や「道」の伝承に必要なものが明確に見えてきます。

そこで見えたものが「必要」なものであり、それがいずれ出版へと繋がります。

そして更に多くの人たちへ・・・



メソッドの完成が生み出す現実は、実相の世界では既に形作られています。

あとは「具現化」するのみです。

そこへエネルギーを注ぐだけです。


注ぐエネルギーは「自らの生命エネルギー」です。


だからこそ、自ら作った様々な「殻」を破って「自分」というエネルギーを解放します。




メソッドを作る時には「集中のエネルギー」が必要であったから、方向性の制限を設けてエネルギーを一点集中するようにしました。

しかしこれからは「拡充」「拡散」のエネルギーです。


自らを充実させ、自らを解き放つ・・・

だから目一杯人生を謳歌したいと思います。


メソッドがわが人生と共に・・・

生命と共に広がるように・・・・・・




The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー