夢の灯り・・・




人は夢を背負い

その重みに耐えながら歩き続ける

躓(つまづ)き、転び、立ち上がり、また歩き出す


嘲られ、罵られ、足元をすくわれ、裏切られ

それでもまた立ち上がり、再び歩き出す


痛みがあり

悲しみがあり

孤独があり

それでも歩き続ける




夢とは苦しいものなのだろうか?

痛みや悲しみの先にあるものだろうか?




ようやく登りつめた山の頂で

背負った重たい「夢」を降ろす




夢とはなんだろう?

登りつめた山が夢なのか?

背負っていたものが夢なのか?




本当は何が見たかったのだろうか?

どんな景色が見たかったのだろうか?

それよりも

何を求めているのだろうか?





心が・・・

憧れて

恋焦がれて

求めてやまないもの

それが夢・・・




今まで

夢だと思って背負っていたのは

それらを照らす「灯り」となるもの

そんな「夢」を照らす「灯り」となるもの




登りつめた山の頂で

背負った「夢の灯り」を降ろして

天高く解き放つ

何処までも遠く、広く、大きく、深く

光が届くように



憧れて

恋焦がれて

求めてやまないものを

ちゃんと見つけるために

そして、見失わないために




大きく育て、背負い、山を登ってきた

夢を照らすために


だから

太陽のように輝け・・・・・




The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー