水星逆行 ~今年最後の問いかけ





双子座満月とほぼ同時に始まった水星の逆行。

それはまるで

「忘れ物はないですか?」

という問いかけのような采配です。


激変すると言われて本当に激変した2017年。

波動の分岐が3月末に始まったと言われ、その分岐がどんどん明確になってきている。


波動の上昇に会わせて波動が上がる人たちと、上がらない人たち。

同じ世界に居ながら別次元を生きている波動分岐が、時間の経過とともに明確になってきている。

そんな大きな変化の年であった2017年の終わりを間近に、水星の逆行が最後の調整を促すように、振り返っての確認を促している。

それはまるで家を出るときに

「忘れ物はないですか?」

「火の元は安全ですか?」

「戸締りはしましたか?」

という問いかけをしてくれている。



次のステージへ進む・・・

それが明らかとなっているからこその、最終見直しなのでしょう。





内の如く外も然り


2017年の激変は、人の「内側」で起こりました。

そこで学びを経て重たい波動を手放し、どんどん身軽になっていく人と、重たい波動を手放せず、変化を望まず学びをないがしろにしてしまった人の、波動の分岐がどんどん大きくなっていきました。

それはまだ目に見えていない変化ですが、感じられる人は明確に感じています。


そして来年から・・・

内側の変化が「外側」の世界にどんどん現れてくるでしょう。


学びを経て波動を軽くして身軽になった人たちが、次のステージへと上がる。

それは人と人の繋がりの「分岐」を更に加速させることになるのでしょう。




かろうじて交わっていた人たちも、分岐が加速すればもはや交わることも無くなってきます。

2017年の激変した波動上昇というせっかくの「ギフト」を、受け取らず、受け取れず、

「そのままでいいのですか?」

今年最後の水星逆行は、そのような問いかけでもあるでしょう。




一人でも多くステージアップしてほしいのは当然のことです。

しかしながら、相変わらず「三毒」に囚われ、「恐れ」に囚われ先へ進もうとしない人を、どうすることも出来ません。

こればかりは自ら「意図」して自ら取り組む必要がありますから。

でも、そこから「逃げた」ために今の状況があります。


「類は友を呼ぶ」

その言葉の重みを本当に実感することになります。




今の状況が心地よいならそれでいいと思います。

人はそれぞれ目的をもって生まれ生きているはずですから。

ただ、今の状況に「心が騒ぐ」人に、最後の問いかけが為されているのだろうと思います。


  • 自分の心の真ん中にあるもの。
  • 自分の人生の真ん中にあるもの。


それがブレていて心が騒ぐ・・・

そんな状況の人も多いと思います。


次のステージに上がるはずなのに・・・・・



「心が騒ぐ」のは「魂」からのサイン

「気付いて」ほしいからこそのサイン





中心軸


本当に大切なもの

心の真ん中にあるもの

それを人生の真ん中に据えるため・・・

今年最後の「問いかけ」の時間が始まっています。


そして、中心軸がブレずに定まったとき・・・

それが次の「射手座の新月」で「矢を放つ」時となります。




射手座の新月まで、あと2週間ほどですか・・・



  • 何を願いますか?
  • 何を叶えたいですか?
  • どうなりたいですか?
  • どう生きたいですか?
  • どう在りたいですか?




街中は年末の喧噪で焦燥感を煽ります。

テレビもネットも同じく焦燥感を煽ります。

よくよく心を静めて・・・

自分の「一番大切なもの」をしっかりと見つめてほしいと願います。





The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー