Healing Relationship (ヒーリング・リレーションシップ)




人を癒し気付きを与えるもの・・・

その一番最初にあるものが「芸術」などのアートなものたちなのだと思います。


疲れ、苦しみ、痛み、悲しみ、孤独・・・・

そんなものをまず最初に癒すのは、音楽だったりします。

自分自身がそうですから。


そこで癒され力が湧いたところで、次に我々のような「癒し人」に引き継がれます。

そこで癒されたなら、その次に・・・・

というふうに「癒し」はリレーションしていきます。




私の周りの音楽家の方々は、多くの場合、人を指導したり導いたりしている人たちでもあります。

そんな音楽家の方たちは、純粋で真っ直ぐに音楽と向き合い生きてきており、心がとても純粋なため、その人柄にも癒されます。

「癒しの入り口」

そんなふうに思っています。



癒奏術・ゆらぎセラピーは、そんな方たちに支えられて完成したヒーリングセラピーです。

そして、現在でも支えられている状況に変わりはありません。

そんな方たちにどのように恩返ししたものか・・・と日頃から考えていますが、なかなかわかりません。

今のところセラピーをもって癒しのお返しをするくらいです。




ブログでも何度も取り上げていますが、音楽家の方たちは本当に体を酷使して、多くの人に癒しを与えています。

それはそれは、とんでもないほどに酷使されていたりします。


しかしながら、そんな苦労に見合うような待遇が、この世界にはまだまだ少なすぎます。

たぶん、本当の価値・・・その真価を知らないからだと思います。

それも以前ブログで書きましたが。


癒奏術・ゆらぎセラピーを育ててくれた方々の、本物の「癒し」の力をもっと知っていただきたいと、常々思っています。


純粋でひたむきに真っ直ぐに・・・

そんな癒しの音楽・人がいつもそばにあったから、ゆらぎセラピーが「癒し」のセラピーとして「純粋にひたむきに真っ直ぐに」成長出来たわけです。


私のセラピーの場では、音楽は重要な癒しの要素の一つとなっています。

音楽にこだわり、香りにこだわる環境づくりの上に、ゆらぎセラピーがあります。

様々な癒しを奏でる・・・

それが「癒奏術」の原点です。



そんな音楽の後に、音楽と共にリレーションする「癒し」として、今後、様々な可能性を探りつつ、大きく広げていきたいと考えています。

そして、多くの音楽家の方たちが、もっと可能性を発揮できるように・・・

共に「癒し人」として成長出来るように・・・


そんな活動をこれから交えてやっていけたら、すこしは恩返しになるのかな・・・と思います。




支えてくださった音楽家の方たちに感謝を込めて・・・


浅田 浩二




The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー