癒奏術(ゆそうじゅつ)




しをでる術(すべ)と書いて「癒奏術」です。


ゆらぎセラピーという「ボディリラクゼーションセラピー」の中に、様々な要素の「術」が織り込まれています。


・特殊な整体理論による整体術

・経絡・経穴へのアプローチによるセラピー

・生体・リンパへのアプローチセラピー

・気功・エネルギーヒーリングによるセラピー

・美容へのフェイシャル・ヘッドアプローチ

・アロマセラピーによる心理面・肉体面へのアプローチ

・ハーブ・食養アドバイスなどの健康へのアプローチ


これら様々なアプローチセラピーが「ゆらぎセラピー」というボディリラクゼーションセラピーの中に織り込まれています。



これらの「癒しの術(すべ)」「奏でる」ごとくセラピーを行います。

ゆえに「癒奏術」と名付けました。


身体の健康へのアプローチだけでなく、より美しく、より人生を輝けるものにするために、持てる「術」をすべて注ぎ込む・・・

そんなセラピーです。



・・・・・


同時に癒す


身体と心そして気やエネルギーは密接に繋がっています。

身体が疲れ不調をきたせば、エネルギーも乱れ、心にはネガティブな感情が沸き起こりやすくなり、精神面も不調が現れてしまいます。

また、心が不調となれば、エネルギー体にすぐに不調が現れ、やがてそれは身体にも影響が現れてきます。

そして、当然ながら気やエネルギーが下がると心身共に不調が現れやすくなります。


身体が楽になれば心も晴れ、エネルギーは満ちてきます。

心がほぐれれば身体もほぐれ、エネルギーは穏やかさを取り戻します。

これら三つの要素は「常に影響しあって」います。

だからこそ心と身体とエネルギーを同時に癒すことで、早く確実に「癒し」がもたらされます。



・・・・・


残さず「了(りょう)する」


ゆらぎセラピーは頭のてっぺんから足の指先、手の指先まで丁寧にセラピーを施します。

更にはフェイシャルまでアプローチします。

頭部やフェイシャルは「美しさ」を引き出すためでもありますが、それだけではありません。

気は経絡という身体上の道に沿って流れています。

その経絡は指先、頭部、フェイスにも当然流れています。


男性の場合、腰のあたりに気が滞留しやすいという特徴があります。

そして、女性の場合は頭部に滞留しやすいわけです。


ですから、女性の場合はなおさら頭部やフェイスへのアプローチが必須となります。

そして、滞留した気やエネルギーがきちんと流れれば、確実に表情は変わります。

瞳がキラキラと輝き、穏やかな優しい表情になります。

そして、その表情とリンクして、心も穏やかで優しく、前向きな心持ちとなります。

挙動が変わり、言葉が変わり、思いが変わる・・・

これらが変化すれば、日常や人生も確実に変化するでしょう。


だからこそ、丁寧に残さずセラピーを「了する」ことが大切です。



・・・・・


魂を癒す


ネガティブな状況から脱して、前向きな自分になれば、やがて「自己信頼」へと至る道となります。

実は、自分を疑うことが「恐れ」を招いています。

心も身体も癒され、エネルギーも満ちていれば、後ろ向きな考えは起こりにくくなり、自信をもった日々の行動、言動、思いとなります。

それはやがて「自己信頼」となり、人の言葉や視線を気にすることなく「自分軸」で生きる事になります。

その「自己信頼」「自分軸」で生きる事こそが、幸せを引き寄せる大切な要素です。

自分の本来の願いを生きる・・・

それこそが「魂の癒し」となるもです。




癒奏術・ゆらぎセラピーは

心と身体を癒し

心の底にある

魂から人生を謳歌出来るように

最善を尽くすセラピーです






The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー