「思いを選ぶ」ことの大切さ 占星学とアロマ 10月20日天秤座新月 10月16日~10月22日




今日は朝から妙な「ズレ?」を感じています。

六甲山へ行く予定だったのが、雨で「休み」となり・・・

いつもの北野天満神社へ行くと、いつもは厳かに祝詞をあげたり掃除をしたりしている同神社の巫女さん(神社の娘さん)が、バタバタと騒がしかったり・・・

時間が出来たのでタリーズへ行くと、コーヒーがなかなか出てこなかったり・・・


『なんか今日はズレてるなぁ・・・』

と思うと同時に

『ズレを修正しているのかな?』

とも思う。

こう考えると「何が起きるか?」という楽しみが増えます。



そして、しばらくすると電話が鳴り、別の仕事の依頼が来ました。

『なるほど、修正されたな』

ということになりました。



思い通りにいかないことを楽しんでみるのも一つの手です。

出来事をどう捉えるかで状況は変わりますから。


一見不運に見える出来事に対して、どう「思う」かでその人の人生が決まる・・・

と、以前とある方がおっしゃっていました。

朝、出がけに下駄の鼻緒が切れて「不運」と思うのか「幸運」と思えるかの違い・・・

そんな違いが人生を大きく左右します。



イライラしていたらイライラした念が発散されています。

イライラした念が飛んでいるということです。

楽しんでいれば楽しんでいる念が飛んでいます。

もし、誰かがあなたのことを考えたとき、イライラした念を発していれば、何故か悪い印象を相手は想像してしまいます。

逆に楽しんでいたら、いい印象を相手にもたらすでしょう。



出来事に幸不幸の烙印を押すのは自分自身の思考です。

どちらでも選択できます。





占星学とアロマ


今週は20日に天秤座で新月があります。


たぶん今週は「不思議」な感じのする変容の時期なのかもしれません。

選択によって変容するのですが、その選択の自由は誰にでもあります。

しかし、その選択が思いのほか大事になってくるような気がします。

白黒はっきりするような、天秤にかけて測るような・・・

そんなエネルギーのある週で、だから猶更「選択」が貴重となるでしょう。


進む道を選択するというよりも、出来事の捉え方の選択なのだと思います。

「下駄の鼻緒が切れてどうして幸運と思えるのか?」

そこを信頼出来れば選択は限りなく自由となります。



ラヴェンダー

心を静めて穏やかにしてくれます。

熱を冷ますことも、沈みがちな心を浮上させることも出来る精油です。

穏やかに心を安定させてくれます。

最近何故か人気のRe:Quiemフレグランスの月叟(Gessou)のトップノートがラヴェンダーです。



人を傷付けた分だけ自分自身も傷つきます。

不運を嘆いた分だけ自分を不運に導きます。

出来事に対して「どう思うか?」

「自分の思いを選ぶ」ことを大切にしてほしいと思います。



The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー