『進撃の乙女』 ~聖域(サンクチュアリ)を求めて~




『すべての道はローマに通ずる』


古代ローマ帝国の皇帝は高々に宣言した。

実際そのとおりで、ヨーロッパから中東へと「川が流れる」ように、見事に道が続いています。

エネルギーも川のように高いところから低いところへと流れます。

古代ローマ帝国のエネルギーの高さ、強さがよくわかります。




今年に入ってからの強烈な波動上昇があり、8月は一気に階段を駆け上がるようなエネルギーの上昇でありました。

まるで大地から山の頂上へ向けて、エネルギーが吹き上がるような波動上昇があり、そんな中、エネルギーワーク中に図らずも『クンダリーニの覚醒』が我が身に起こったほどでした。


そして、上昇したエネルギーは、今度は山頂から山裾へと四方八方に流れ出す。

噴火した火山の山頂から熔岩が八方へ流れ出すように・・・

そのエネルギーを整理して流す方向づけをするための調整役が「乙女座」の季節のとなりました。




9月中に乙女は様々な企みを計画し、自らの「聖域(サンクチュアリ)」を掴むべく、満を持して新月のゲートを開いてエネルギーを開放するように「進撃」を開始した。



それこそ四方八方の城門を開いて進撃の第一歩を踏み出し、まだ見ぬ世界へ不安と期待を胸に、堂々と進軍を開始しました。

行く先々で各軍団は、多くの「パラダイム」を破壊していきます。

そして、新たな「パラダイム」の旗を掲げて、どんどん進軍していくことでしょう。



それぞれの軍団は様々な道へと進撃していますが、やがてすべての軍団は一つの目的地へとたどり着きます。


「聖域(サンクチュアリ)」


まだ見ぬその広大な「聖域」に自らの旗を掲げるため、多くの一歩を踏み出した・・・

そんな今のエネルギーです。




9月23日には秋分となり、これまで上昇して高まったエネルギーが、山を下るように広がっていきます。

そして10月10日に木星が蠍座へ移動。

この半年間で培った「個性」が強調される1年になります。

「自分自身」を生き抜く・・・

そんな蠍座の時代が始まります。



掲げた旗印(パラダイム)が自らの心に偽りなく、熱望する想いが揺るぎないものならば・・・

進軍はさらに勢いを増して、やがて行く先々で軍勢を増やして行きます。




自分自身の奥深くにある「聖域(サンクチュアリ)」をこの世に求めて、乙女は世界へと「冒険と勝利」のために進撃を開始したのです。

いくつものルートを通っているようで、実際は「たった一つの聖域」を掴むためです。

『すべての道は聖域(サンクチュアリ)へ至る』

その確信が多くの一歩を踏み出させた・・・・ということです。




乙女座新月から秋分のゲートを抜けて・・・・

新しい世界を創造するために・・・・



The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー