ベース女子の細指 ~Re:ist Method




ガンガンとチョッパーを繰り広げているのを見ると

『すごいなぁ(^^♪』

とつくづく思います。


でも、それ以上に、まるでギターのようにメロディアスなベースを聞くと、それこそ「ゾクッ」とします。

目立たず、さりげなく、バランスを崩さず・・・

しかし、しっかりと自己主張されている。


そんな時のほうが指に力がしっかりと入っていたりします。


ギターと違ってフレットの幅が広いから、それだけ指を開きながら、しっかりと一音一音心と力を込めています。



そんなベーシストの彼女の左腕に触れてみて

『腕パンパンじゃない』

そう言うと

「けっこう筋肉付いちゃって・・・。ほら」

そういって小指を動かすと、小指側の腕の筋肉がひくひく動く。

触れるとけっこう太い筋肉になっているのがよくわかります。

『こりゃすごい』

「そうでしょ、でも自慢なんですよ。」

と、少し誇らしげに言う。


『確かヴァイオリニストの子も同じこと言ってたな・・・』


それは確かな努力の成果でもありますからね(^^♪





指とは?


指には第一関節、第二関節があり、そしてこぶし部分の関節となります。

ですが、私は「こぶし部分」を「第三関節」と思うようにしています。

なぜなら、手のひらのところにも、しっかりと「指」があるからです。


対外的に「分離」していないだけで、手のひらの中ではしっかりと「分離」しています。

「分離」と「結合」の「中間」といったところでしょうか。

分離しきらず他の指と「共生」している形ですかね・・・


ただ、分離していないからこそ「力」が出る、入るわけです。

お互い補佐しあったり、共用の筋力を使ったりと、なにかと共生することで大きな力となるわけです。



ですが、時にこの共生が、お互いを縛ったり、悪影響を与えたりすることもあります。

そんな悪影響が「運指」にも影響したりするわけです。





Re:ist Methodでは、指一本一本の筋・腱・関節をしっかりとほぐしますが、手のひら部分も当然しっかりとほぐします。

それぞれの「指」と見立てたうえでのセラピーです。

この部分をニュートラルな状態にすれば、独立して動く指のように、立体的な動きをすることがよくわかります。

特に、人差し指と中指の間が固まりやすいので、ここをしっかりとセラピーします。



細指で長いフレットのベースを弾いている女の子は、ここがけっこう開いて動きます。

と同時に、よく使われている分、疲労も溜まっています。

だから、徐々にではありますが、腱に影響が出てくるんですね。

そして、それが「音」に現れてきます。

「音が硬いなぁ・・・」

と感じます。


当然、フレットを抑える左手だけでなく、言を弾く右手にも言えることです。




メロディアスなベースを聞いて

『ゾクッ』

とするのは、柔らかな指の動きあっての賜物です。


「動くからこそ」たどり着ける音やメロディーがありますから。


そんな重低音のメロディーが、なんとも「か細い指」から発せられていたら、その音の奥にある深い「技」に魅入られるということですね。







8月よりの予定



音楽家の方達への無料セラピーのご案内

The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー