再び・・・セラピーに関するお知らせ



今週ぐらいで終息するかと思っていたのですが、意外と身体の浄化と波動体の再構築が長引いていて、次の新月域までかかりそうな様子です。

多分ですが・・・


今日、予想より波動体がかなり大きくなっていることに気付きました。

ただ、構築ためにエネルギーを取られているようなので、なかなかセラピーを出来るまでには戻っておりません。


次の新月域で再びエネルギーワークによる高次元波動のダウンロードを行いますので、そこで次のステップに進むのかどうなのか・・・・

ハイヤーセルフの意向次第となります。


何を言っているのかわからない人の方が多いですね(^^;




今後私がすべきこと・・・

そこへ向けての心と身体と魂の三位一体が行われている状況です。

簡単に言うと「変異体」です。

そして、魂(ハイヤーセルフ)が自由に出入りできる器が作られている状態です。

今までは「繋がっている」状態だったものが、「一体」となる過程です。


どのように器が作られているかといいますと、エーテル体や感情体、メンタル体といった部分の波動が高くなり、それとともに拡大もしています。

そして、波動体にもチャクラが生まれ、身体のチャクラと波動体のチャクラが繋がる過程もあります。

ありますというか、そうなるらしいです。

その体感としての感覚はありますが。


そして、要となるハートチャクラがどんどん開いているため、そこだけ痛みや苦しいと言った感覚が続いています。

この「ヴォイド(虚空)」へと繋がるハートが次元のゲートとなります。

ここの工事が一番重要なのでしょう。


そのおかげで人の感情や痛み、そして様々な生物の波動もどんどん入ってきます。

「浄化の要」でもあります。




エネルギーが足りてない・・・

そんな状態だったので、現状、器がどんな状態かよくわからなかったのですが、今日、エーテル体にエネルギーが満ちる出来事があり、そのおかげで「器」のカタチが予想以上に大きく形づくられているのがわかった次第です。

普段、身体の周り数センチほどを取り囲むように感じている波動の、数倍はあろうかという厚みと大きさです。


よくもまあ突貫工事のような勢いで、ここまで出来ているものだと感心しました。

よほど「時間が無い」ということの表れなのかもしれませんが・・・


ですので、来週からセラピーを開始しようと考えていましたが、いましばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

なかなかこの手の情報がなくて、ほんの抜粋はいくらでも出てきますが、実際の「体感」を書いておられる方が少ないです。

海外サイトなら多いのでしょうが、なにせ語学の才能は全くありませんので・・・・


ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。



2017年7月15日  北野坂如水庵




そして、Re:Quiemシリーズの新ブレンド「Re:Birth Maria」のフレグランスとしてのテストを始めています。


今、ちょうどハートチャクラが苦しい状態でしたので、フレグランスとして試したところ、苦しさが和らいできました。

さすがハートのブレンドMariaです。

我ながら自画自賛出来る効果でした。

もうしばらく臨床してみたいと思います。




The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー