静心如水




今日、ふらっと立ち寄った本屋で何冊か手に取ってみたが、文字が全然頭に入ってこない(--;

最近、頭がぼんやりしている日が続いている。

だから、文字を見ると頭がしびれてくるばかり・・・


そんな中で一冊の本の一文だけが頭に入ってきた。


『問えば言ふ 問わねば言わぬ達磨どの 心の内になにかあるべき』

・・・一休



あなたは自分の魂に問うていますか?

問わなければ答えない・・・・

それが魂です。


ただ、問えば必ず答えてくれます。





『自分を信じよ』

それが魂からの答えです。


先日来、菊理姫も同じことを言っていました。

『信じています』と・・・




現代人は外からの様々な情報に翻弄されています。

溺れるほどに溢れる情報・・・

それを選別するのは至難の業でしょう。


自分の心を素直に受け止めていれば、たとえどんな権威者が発した言葉であっても、引っかかるものがあればすぐに気付きます。

その引っかかりを見逃さない。

それが大切です。


そして、自分の魂に問う。

すると必ず答えがやってくる。


今日、本屋でやってきた答え・・・

それを感知できるかどうかも、素直さがカギを握っています。


自分に嘘をつかず、エゴに惑わされず・・・

心の波を静めて静かに水面に映るものを見る。

『水月』の極意です。


魂と以心伝心出来ているか?

その心を持ち続けるのが『禅』の心。


そして、以心伝心の間が「間髪を入れない」ほどの間となれば、禅の極致となるでしょう。

間があればそこに魔が入るスキを与えます。

だから間髪を入れない間が尊ばれるわけです。


自我と真我が和合した状態

それが以心伝心の極致です。



ちなみに、禅という文字の右側のつくりのツかんむりは、元々は口口という口(くち)が二つでありました。

神という字に口ふたつと一を付けて禅となります。

神に一つ問うて応えを得る。

神との対話・・・それが禅です。

神とは魂

自分の魂です。


だから神社のご神体が鏡なわけです。



最近、頻繁に近所の北野天満神社へ行って『導き』を問うています。

するとその日のうちに気付きが現れる。


結局のところ自分(自我)が自分(魂)に問うて自分(魂)が自分(自我)に応えているんですが・・・




ブッダが涅槃に旅立つとき、最後の言葉として様々な言葉を残しています。

その中に「経典も疑え。私の言葉も疑え。」とまで言っています。


最後に答えを出すのは自分だということです。

自らに問い、自らが答える。

その大切さを伝えたかったのでしょう。


達磨もブッダも自らに「問い」続けた人ですから。

誰よりもその大切さを知っています。



言葉の認識を間違ったまま鵜吞みにせず、ちゃんと自分に問うて納得せよ。

説得ではなく納得です。

正しいとされるものを闇雲に正しいと受け入れるのではなく、引っかかりがあるのに「正しいはず」として説得するのでもなく、引っかかることは引っかかる・・・それを魂に問えということです。


そうして引っかかった違和感の正体を突き止めて、在るがままの言葉の「姿」を認識することです。



『我を疑え。さすれば我に回帰するであろう。』

これはニーチェの「ツァラストラかく語りき」の中の一文。

ツァラストラとはゾロアスターのことです。

ゾロアスターとは約1万年ほど前に、世界最古の宗教「ゾロアスター教」を起こしたその人でもあります。

ゾロアスター教の教義は「善と悪」という二元論の始まりであります。



ゾロアスターの時代の善悪と、現代の善悪は根本的に違うでしょう。

現代の善悪は非常にグレーな部分が多い。

それだけふんわりと、なんとなく認識している程度だからです。


ちなみに、善悪を自らの魂に問うた人など、ほとんどいないでしょう。



現代の道徳も然りで、老子の『道徳教』を中心に据えて教えてはいません。

ふんわりした「善悪」の観念を元に教えられています。


道徳教の理の中心には陰陽の論理があります。

つまり「不変の理(ことわり)」が中心にあるわけです。


ゾロアスター教の善悪の理も同じでしょう。

「両方存在して一対(いっつい)」となるのが不変の理(ことわり)です。

であれば、善のみでは存在し得ず、悪のみでも存在し得ない。

それが不変の理です。



善悪を「ふんわり」と「グレー」にしか認識していなければ、理解できません。


幸せや不幸と同じです。


それは「識別」

人の行為や出来事を、受け取る人がどのように「識別」するか・・・という問題です。


人を殺した・・・

殺された側の親族から見れば「悪」です。

ですが、殺されたものが誰かを殺そうとしていて、それを防ぐために殺した・・・となれば、殺されかけていた人から見れば「善」です。


陰陽あって一対・・・

善悪という識別も、視点、基点で一対です。


これは非常に単純な例ですが、善悪をある種のエネルギー的に捉えれば、様々なものが見えてきます。


小さな悪が積み重なって、大きな一つの悪を生み出す。

しかし、その裏には小さな善も積み重なっていたりします。


一つの悪が善を生み出すが、その善もまた悪を生み、連鎖となって広がってゆく。

善悪表裏一体のエネルギーが広がっていくわけです。


これが分離と対立の波動原理でしょう。


善と一対にすることで悪のエネルギーを劇的に増やすことが出来るわけです。




善の名のもとに行う悪行は非常に行いやすい。

時にそれを人は『正義』と呼ぶ。


善いことをしているつもりになって悪行を行う。

それが蔓延しているのが現代です。




人が誰かのために何かをする。

それはごくごく当たり前の人間としての行為です。

それに「善」という識別を付け、その対(つい)に「悪」を付ける。

それが「善悪」の理(ことわり)


善などという識別を付けずとも、人は当たり前のように共生するために、人の役に立とうとします。

識別など必要ありません。

そんな識別を超越したもの・・・

それがワンネスなのでしょう。


識別はあくまで「管理するための法」に必要なものというだけです。

管理者・・・・

つまりは支配者にとって必要だからということで生まれたもの。




陰陽も「識別」のためにある理(ことわり)

理があるから識別できると言ってもいいでしょう。


言い換えれば「識別しなくても在るものは在る」わけです。





何が言いたいのか?


識別に囚われ過ぎないことです。


在るがままに自らが「在る」ということは、そんな識別を解脱して「在る」ということです。

識別に囚われ、結果、迷い・・・

自らの識別の選択を気にしてしまう。



だから「自らに問え」とブッダも達磨も伝える。

在るがままに在ればおのずと「理に適う」わけですから。

だからこそ「経典も私の言葉も疑え」となります。

自らの魂に問う

それが一番ですから。


悪だけでは存在し得ず、善だけでも存在し得ず・・・


ただ、悪を消して善のみ存在しうる方法・・・・

それは識別を変えること。

善悪の識別をきちんと認識し、それをきちんと変えて行く・・・・

一対なるものを分離するのではなく、和合させるということです。


それには、悪の中に善を見て、善の中に悪を見る『目』が必要です。


善の皮をかぶった悪が蔓延する中、見極めるその目は非常に大切です。

そんな目を養ってほしいと思います。


自らに問うことの大切さ

そして、「明鏡止水」

心の波を静かにする大切さを知ってほしいと思います。




静かなる心 水の如し ありのまま 鏡の如く映し出す

・・・如水庵



禅の心・・・

水月の心です。





The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー