夢の華 ~(昨日記事の補足)





昨日の記事「占星学とアロマ」の「主張」の補足です。





夢の華



初対面の人に「夢」を語れるというのは、とても素敵なことだと思います。


それがどんなものであれ、堂々と自分の想いを語れるというのは、出来そうでなかなか出来ないことだったりします。




自分の夢を笑われるのではないか?

他人が聞いたらどう思うだろう?

こんなことわざわざ聞きたくないよね?

話したところで関係ないじゃん・・・



他人が自分をどう見るかとか、自分の話をどう思うかとか・・・

それを気にしすぎて自分の想いを伝えられない。

「伝える必要ないし」

と思うかもしれないけど、伝えることで何かが生まれたり、何かが始まったりします。

夢の彩りはそれだけで美しいものです。

その美しさを共有することには大いに意義があると思います。


全く関係ない・・・

そう思っている人の世界に「美しい彩り」という花を一輪添えることにもなります。

その花を美しいと思うかどうかは受け取る人次第ですが、あなたが美しいと思っている「夢の華」は、すくなくともあなたにとってはとても美しい華のはずです。

ならばその美しさを自らが卑下したりすることなど全くありません。

堂々と「夢の華」を捧げ持って歩いていけばいいと思います。




人目を気にして自分を押し隠してしまえば、そこから始まった関係は「押し隠す」ことが前提の関係です。

しかも、人目など妄想にすぎません。

妄想に恐れをなして自らを卑下するなど、あまりにも無意味なことと言えるでしょう。



もし、あなたの夢を嘲笑う人だったら、もはや人生の共有は無理です。

押し隠して頃合いを見て話したところで、嘲笑うことに変わりはありません。




夢を嘲笑われれば傷つくでしょう。

でも、夢には傷は付きません。

「嘲笑う」という行為に「イヤな想い」をするだけです。

でも、それだけのことです。


あなたの夢を「美しい」と感じる人といればいいだけです。

その美しさを「共有」出来る人と人生を共有すればいいだけです。




「夢の華」は美しい。

その美しい華たちを自分の人生の道端に咲かせて歩いてゆく。

それが「夢の道」です。

その道の先にあるもの・・・

それは、あなたが本当に夢見て心待ちにしていた「楽園」でしょう。




偽れば「偽りの華」が道に咲きます。

その偽りに引き寄せられた人と友となり、仲間となり、人生を共有することになります。

そこには幸せな人生はないでしょう。




自分が何者で、どんな人間で、どんな夢を持っているのか。

それを所対面の人間に「簡潔」に話すことが出来れば、あなたの友となり仲間となりパートナーとなる人は、あなたの「夢の華」を愛でる心のある人で満ちるはずです。

あなたがあなたらしく、ありのままでいられる「最も居心地の良い」人生となるでしょう。



自分自身に正直に、そして誠実に在ること。

そして、ありのままを表現すること。

自分のありのままを「主張」する大切さを知ってほしいと思います。




世尊捻華 迦葉微笑 (せそんねんげ かしょうみしょう)








ご質問などございましたら お気軽にお問い合わせください。



ゆらぎ ボディ&ヒーリングセラピー

心と身体と魂を癒すセラピー

Yuragi Method Concept



The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー