痛みから生まれるもの・・・だから尊い




多くのヒーラーさんたちがそうであるように、セラピーは痛みの中から生まれる。


それはそれはたくさんの痛みを抱きしめて、苦しみの中からようやく生み出される。


まるで赤子が生まれるごときものだと思います。



だから尊いわけです。


ヒーリングの力


セラピーの力は多くの痛みを乗り越えた末にたどり着く、高く険しい山であります。




「自分を癒せなければ誰かを癒すことは出来ない」


だから


自分の傷に向き合い


恐れに向き合い


孤独に向き合い


絶望に向き合い


そうしてようやくたどり着く光があります。




太古から変わらずある光


無常の変転の理(ことわり)中にあって、唯一変わらぬ光・・・・・




その光の道筋となるのがヒーラーでありセラピーであります。






天高く聳(そび)える光は、天上に手を伸ばしても決して届かない。


自らの内側の闇の底


深く深く潜り込んでいった先


潜っているようで登っている


そんな反転した世界


その山の頂点が闇の底にある。




少しでも痛みを感じていれば光は現れない。


怒り、悲しみ、絶望、孤独・・・・


そんな思いがあれば決して現れることのない光



だから痛みに向き合い


ひとつひとつ痛みを癒していく



抱きしめ


温め


勇気づけ



自我と真我を調和させてゆく。




その「調和」のど真ん中の接点


針の穴のような小さな小さな点



そこが泉の源泉



その源泉から やがて光があふれだす・・・・


そして心いっぱいになり


身体に溢れて行く


さらに


身体の周りにある身体にも


そして、その周りにあるオーラにも


光が満ちて行く




人と神の領域の接点


それが泉



黄泉(よみ)と現世(うつしよ)を結ぶ場所


神と人を結ぶ場所


結ばれ・・・一つになる場所





痛みを乗り越えて生み出されるもの・・・


それは神の創造物


だから尊い



天上天下唯我独尊



我独りの中に全てがある





その尊さを伝えるのがセラピー


その光の「道」となるのが「ゆらぎ」のセラピーです。




生命の「根源」の光のゆらぎで、人の生命のゆらぎを癒す



一度死んで灰となり、灰の中から再び炎を立ち昇らせて生まれ変わったセラピーは


変わることのない揺るぎない光のセラピーです。



心と身体と魂を癒し


人を再生させる力があります。



そこへ至る道のりを知るものだから・・・


望めばそこへ案内いたします。



そこへ至る地図・・・


それがゆらぎのメソッドです。




人それぞれ進みやすい道があるでしょう。


それぞれの地図をメソッドとして形にすることが


メソッドの完成となります。



メソッド完成まで今しばらくお待ちください。


一人一人に合った道案内が出来るよう、誠心誠意メソッドを創造していきたいと思います。



今後ともどうぞよろしくお願いいたします。





2017年6月24日 新月の日に・・・


浅田 浩二





The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー