統合へ・・・ 三位一体のセラピー「ゆらぎ和奏(Wasou)」





昨年来、様々な可能性を追求しながら学びと創造を続けてきました。


「心と身体と魂」


「三位一体」した「人の全て」を癒すためのメソッド開発で、様々な試行錯誤を現在も続けております。

その中で、セラピーに大きな力を発揮するものに、力を注いで学びと創造を続けているわけです。


ボディワークの理(ことわり)と技術

ヒーリングワークの理(ことわり)と技術

アロマ・ハーブの理(ことわり)と技術


これらは全て「人を癒す」という目的への、それぞれ別の「アプローチ」ということです。


アプローチの仕方が違うのは、それぞれ目的地が違うということでもあります。

目的地が違えば、当然、到達点も違います。


これら一つ一つのアプローチは、とてもすばらしいものだと思っております。

ですが、どれも私が理想とする目的地、到達点には至らないわけです。



心と身体と魂・・・

それらは常に同時に存在し、常に同時に行動しています。

これら三つの要素が一体となったのが「人」という「生命」です。

どれか一つ欠けても人とはならず、生命ともなりません。


だからこそ、三つの要素は常にリンクして、お互いが影響しあって存在しています。

この三つの要素が和合するところ・・・

それが生命です。


三つの要素が和合する生命を癒す


そのために、様々なアプローチを学び、修養し、創造しているわけです。


そして、その中の上記にあげた三つのワーク

それを統合して同時に行うことで、三位一体した生命を癒すことが出来る・・・

そう確信しました。




三位一体した生命の本質を癒すために、三つのワークを統合する・・・

それが、今後の新たな「ゆらぎセラピー」の課題となります。


未だ修養が足りない部分がありますので、完成までには今しばらくかかると思いますが、「ゆらぎセラピー」の全体像となるパース(完成予想図)がようやく描けました。



三位一体した生命の「ゆらぎ」を癒すため

ボディワーク、ヒーリングワーク、アロマ・ハーブワークを三位一体させる。

それが新しい「ゆらぎメソッド」です。


Yuragi Wasou(ゆらぎー和奏)


様々な要素が奏でる理(ことわり)と技術が「和合」したカタチ・・・

それが今後目指すメソッドのカタチです。



今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


2017年6月19日

浅田 浩二



The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー