よかったね(^^♪




「よかったね(^^♪」


笑顔で心からそう言える


それが出来たなら人は必ず幸せになれるでしょう。





誰かが得をした。


誰かだけが得をしている。


そう見える状況で「よかったね」と言えるというのは、いつも自分が満たされている状況です。



満たされるというのは『ちゃんと気付く』ことでもあります。



たくさんの小さな人の優しさ、愛情に『ちゃんと気付く』ということです。


そして、それらの行為にちゃんと『感謝』をしているということです。




それでも『うらやましい』と思うなら


自分のその心、気持ち、感情を大切にするために


「私も欲しい(^^♪」と言うことです。


または「私もそうなるよう頑張ろう(^^♪」ということでもあります。






とても小さな小さな選択のようですが、これは幸せにかかわる非常に大きな選択です。



以前にも記事として書いていますが、これは大切なことです。




「いいなぁ・・・」


という羨む気持ち


それは「自分もそう在りたい」


ということです。



自分を大切にするということは、この自分の声をちゃんと聞いてあげることです。


「自分もそう在りたい。ではどうすれば?」



日々、小さな小さな優しさにも感謝出来ていれば、すんなり出来ることですが、小さなものには全く気付かず、感謝を忘れてしまっていると、自分のそんな「声」にすら気付かなくなってしまいます。




なぜ気付けなくなってしまうのでしょう?



それは、「足りない」ものばかり見ているから。


そして、常に「足りないから幸せじゃない」と思っているから。




足りないと思っているところばかりを見ていると、結局、いくら優しさや愛情を注がれても


『満たされない』ことになります。


同じところばかり見て、そこに「穴が開いている」と決めつけて、そこさえ満たされれば「幸せなんだ」と思い込んでしまっている状況です。


でも、その穴が埋まっても、今度は別の「足りないところ」を見つけ、そこの穴を広げて


『足りない・・・満たされない・・・』


と駄々をこね始めます。




これは


『足りないところを埋めるのが幸せ』


そう思い込んでしまっているからです。


だから幸せを求めて次から次へと『足りなさ』を生み出していく・・・


そんなカルマの循環に陥ってしまっている状態です。




例えば、この状態で『幸せ』の条件であった『パートナー』を得たとして


パートナーが日々与えてくれる「小さな小さな優しさや愛情」に、やがて気付くこともなくなってしまいます。


それは、穴が埋まったから『次の穴』を探して見つけて広げて・・・・


再び足りなさを穴埋めする作業に没入し始めてしまうでしょう。



二人の幸せは


『これがあったらもっと幸せになれる・・・』


で、それを手に入れたら今度は


『もっとこんなだったら二人の未来はバラ色に・・・』


というふうに、幸せを求めて『穴を掘る』ということになってしまいます。




パートナーが一生懸命優しさや愛情を与えても、その『穴』が満たされない限り、ただただ優しさも愛情も無駄に消費されるだけという『不毛』な状況に陥ってしまいます。





今という瞬間瞬間に幸せを感じられないなら、どんなに穴埋めをしようと、未来にも幸せは感じられません。


目の前の小さな小さな優しさや愛情を素通りするようでは、絶対に満たされることはありません。





『いいなぁ・・・』


という羨む気持ちが生まれて


それを与えられたとしても・・・


また次の『いいなぁ』を探し始めるだけです。





『いいなぁ・・・でも、よかったね(^^♪』


そう言えるのは、小さな小さな優しさや愛情に気付いて「ありがとう」と言える、思えるからです。


受け取る喜びと感謝をいつも感じているからです。


その幸せをちゃんと感じられるからです。





人は1人では生きられません。


それはそれは多くの人に支えられながら生きています。


そんな支えを見ずに足りないところばかり見ている・・・・


そして「与えろ」と言う。




満たされないのに求め続ける


これは不毛を生み出すだけです。


与えても与えても不毛に消費されていく・・・


この優しさ、愛情の浪費の循環に、やがて終わりが来るのは目に見えています。




それでもその道を行くなら、いずれ自分の周りはそんな人ばかりになってしまいます。


満たされなさを共有しながら、満たされるものから奪う・・・


そして、満たされていたものは、満たされなさを共有することで仲間となる。


そんな伝染のしかたをしていきます。


足りなさを共有しなければ仲間ではない・・・・


そんな仲間づくりをしてしまいます。





『いいなぁ・・・・』


と思った「その後」こそが幸・不幸を分かつ分岐点です。



『よかったね(^^♪』


それが幸せへの道しるべです。


自分の心が素直にそう思えたなら、すでに幸せの中にいるということ。



自分の心の中にある、その道しるべに注意して下さい。



そして


『よかったね(^^♪』


そう言える自分になってほしいと願います。




The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー