和(やわ)らぎ 然れども凛 ゆらぎセラピーの理 第0番





天地陰陽


光の世界では一対(いっつい)なれど、現世(うつしよ)にては二つの陰陽


その二つの反対のものが和合して恵みとなる


それが現世(うつしよ)の理(ことわり)


現世の魂(たましい)の理(ことわり)




天は天のみにては恵みとならず、大地は大地のみにて恵みとならず


天地和合して地上に恵みをもたらすものなり




光と影


光のみでは生命は育まれず


影があることで生命は集い育まれる


木陰は影であるが闇にあらず


光を遮(さえぎ)るが断ぜず


光を柔らかくするもの


それが影



木は光を遮りながらも新たな光を生む


光を浴びる葉に光が跳ねて


柔らかな光が舞い散る


無数の木々の葉に跳ねた無数の光が


闇に光を届ける


その柔らかな光が生命を育む



強い光は木々の植物を育み


柔らかな光が人や動物を育み


更には土中の闇が虫たちを育む


闇は悪ならず光は善ならずの理(ことわり)





人は光のみにては生きられない


心を休め 身体を休めるため


影を必要とする


そして時には闇をも必要とする



この世に昼夜があり


昼活動し夜眠る


心も同じく


光の中で活動し


闇の中で眠る



光は与えるもの


闇は受け取るもの


光と闇が和合して 授与の循環が生まれる



夜に月があり全き闇とならないように


心も全き闇とはならない


常に魂の光を跳ね還す月がある




人の身体も心も常に昼夜が循環している


常に昼のものはおらず


常に夜のものもいない


昼のものは夜のものに与え


夜のものは夜が明けて朝となり昼となれば夜に与えうる


常なるものはなく


波なきものはなし


無常であるがゆえに和合を要するものなり





人の魂は元来光である


その光は太陽のように強い


その強い光を心が和らげ


和らいだ光を人は放つ


和らいだ光であるから育まれる


それが人の理(ことわり)





宇宙の愛は発展すること


しかし人の成長は一進一退


だから光を和らげる


自らの足で進めるように



時に道を外すこともある


歩みを止めることもある


だから道の縦糸を引き締める横糸も必要となる


それが凛


自らを戒め 自らを勇気づけ 自らを労わる


そうして自らの足で立つ


それが凛の横糸


そうして出来た人生の織物は


美しい模様を描く


いつまでも褪せることなく美しくある


それが人の人生の在り方


和らぎ 労り 引き締め 進む


それが和らぎの世界


和らぎの道





ゆらぎの和らぎ


柔らかく緩やかに


然れども容赦なく


光と影を和合させる



緩みを引き締め


こわばりを緩める


和らぎ凛然する心と身体へと導く



頑張りすぎを労わり慰め


怠慢を叱咤する



それが


人が自ら輝く道


和らぎ 然れども凛


それが生命のゆらぎを輝かせる道なり




光のみにては癒せず


闇のみにても癒せず


光と闇の和合する


和らぎの灯(あか)りが人を癒す




陰陽 善悪 光と闇を和合させる


それが生命のゆらぎを輝かせる道なり















The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー