調査とセラピーの共通点




最近よく思うことがあります。


それは「調査の仕事をしていたことが、意外とセラピーに役立っている」ということです。



それは調査とセラピーだけに限らず、様々なケースで共通することかもしれません。




そんな共通点とは?



初動がいかに大切か・・・


ということです。




「初動」というのは「最初に起こす行動」のことですが、その初動を間違えば到達点はとんでもない方向へ向かいます。


だから、初動は常に「知ること」に費やすべき事項です。



後々の到達点を間違わないために・・・


思い込みや感情を一切排して、「空」の状態で現状をとことん認識する。



それを怠れば調査にしてもセラピーにしても、到達する結論に大きな差異が生じます。


あたりまえのことですが、これがなかなか出来ないことでもあるんですね。




変に知識を過信していたり、経験則を過信していたり・・・


そんなちょっとした心の持ちようが、実は事実認識を歪めてしまいます。


ちょっとした過信でも、心の水面は波立ちます。


そんな波立った水面に映る映像は、やはり歪んで映っているわけです。


そんな歪んだ認識を元に先へ進んでしまうと、あらぬ方向を捜索したり調査したりすることになります。




そんな事実を過去に刻み込んできたおかげで、セラピーに役立っているなぁと最近つくづく思います。




自分の知識や経験則が、この世のあらゆる現象を網羅出来ているわけがありません。


そして、わからないことを自分の知識や経験則の及ぶ範囲に「押し込める」ような認識の仕方をするのもいけません。




わからないことを「わからない」とちゃんと認識することは、とても大切なことです。


わからなければ、そこから調べてスタートすればいいだけなのですから・・・・


それを「わからない」と言えないばかりに、認識の及ぶ範囲に無理に押し込めてしまう行為は、その後の過程も結果も極端に歪めてしまうことになります。




ほんとに・・・・


あたりまえのことなんですけどね。


何故か出来ない人が多いです。



知識人であればあるほど「知識」がステータスとなり、「わからない」と知られることに恐れを抱いています。


だから、わからないのにわかったふりをして、わかっている認知の範囲に無理に誘導して事実を歪めてしまう。




過信の裏に潜む恐れ・・・


そんな恐れを「見ないように」するための過信・・・・


表裏一体なんですね。




彼(か)を知り己(おのれ)を知れば百戦殆(あやう)からず。
彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。
彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆(あやう)し
・・・孫子より



おのれを知るということは、とても大切なことです。


自分の出来ること、出来ないことをきちんと把握して、わかること、わからないことをきちんと精査して、事に当たる・・・・



それが初動に最も大切な要素です。




調査の現場でそれをさんざん体感してきたからこそ、セラピーでそれが大いに役立っています。


人の身体、心、人生を扱うのですから、それはそれは丁寧に、大切に扱わなければなりません。


そのためにも、常に己を見つめる目を厳しく持つことがとても大切だと思います。




それには


勇気を持って「恐れ」を克服することが大切なのでしょう。


自分の限界、至らなさを認める・・・・


それが、つまらない間違いやミスを犯さないための、最善の道だと思います。



恐れを克服するというのは、恐れる感情にきちんと「向き合う」ことです。


恐れを「無いもの」とすることは、実は「握って離さない」ことにつながります。


恐れを握って視界から外す・・・


だからいつまでたっても「揺さぶられる」ことになるんですね。



恐れのない人は居ません。


恐れを無視して突進することを「匹夫の勇」と言います。


思慮分別無くしては「無分別の分別」の極意にはたどり着けません。







初動の空(くう)


それは、ゆらぎメソッドの理(ことわり) 第1番の「空になる」ということです。





知識があればあるほど「空」になることは難しいことです。


それは沢庵禅師も一休さんも言っています。



どうしても「知識」のほうへ「誘導」してしまう心が生まれます。


これは「欲」であり「煩悩」でもあります。



そんな「欲」や「煩悩」を抑えて、いかにありのままを受容できるか・・・・・


それが大切です。





おほかたは 学者の知恵は 付け焼刃
生まれの知恵を みがきたまえや
・・・一休宗純






ご質問などございましたら お気軽にお問い合わせください。 



ゆらぎ ボディ&ヒーリングセラピー

心と身体と魂を癒すセラピー

Yuragi Method Concept



本番直前の音楽演奏家のメンテナンスから生まれた

Re:ist メソッド



心理学とエンパシー(共感能力)による癒しのセラピー

Mental & Life Therapy




The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー