「病気と治癒」という単純化された二元性の概念の変革



少々ややこしく難しい話ですがお付き合いください。




Re:Quiemシリーズのアロマブレンドを創作するとき、心の変容の複雑なプロセスを、時に段階的に、時に持続的にアロマの効能を作用させる・・・という複雑なアルケミー(錬金術)でブレンドを創作しています。


近年、アロマが精神的、身体的に友好であることが広く知られてきました。


ですが、多くの人々にアロマが「時間をかけて様々な効能を発揮する」という基本的事実は未だ伝わりにくいのかなと思います。


特にRe:Quiemシリーズのような複雑なブレンドなどは、心の動き如何によって効能が変化するわけですから・・・・



それは何故かと言うと、タイトルに書いた通り「病気と治癒」の概念があまりにも単純化されすぎているからに他なりません。




現代医療に於けるわかりやすいけれども「単純化」されすぎてしまった、この二元性の概念・・・


これがホリスティック医療の妨げとなっているのは言うまでもありません。



特にアロマは「薬の代用品」的な考え方をする人もたくさんいらっしゃいます。


だから、複雑な心の分岐のプロセスを考慮し創作したブレンドでも


「これ、何に効くの?」


という単純化された質問が飛んできます。




現代薬の多くが「部分的」作用をもたらすというものが多く、例えば


咳なら咳止め

頭痛なら頭痛薬

喉の腫れには喉用のトローチやスプレーや飲用薬


その他胃痛、下痢止め、湿布、絆創膏などなど・・・・


非常に部分的、かつ個別の症状に細分化されているわけです。



かたやホリスティック医療では、例えば「おなかが痛い」となると

お腹の何処が痛いのか?

食べ物との関係は?

心からの影響は?

環境とのバランスは?

日常の習慣の中に問題は?


「おなかが痛い」という現象へ至る様々な原因へアプローチを行うわけです。


決して一つではありません。




ですから、ホリスティック的なことを現代薬で行うとすると、「おなかが痛い」という現象に対して

「おなかの痛み止め」

「下痢止め」

「胃薬」

「向精神薬」

「睡眠薬」

「栄養剤」


などなど、たくさんの薬を服用する必要性が出てくるわけです。



アロマの効能は複合的なものです。


一つの精油で心のバランス、身体のバランス、神経のバランス、思考のバランスを変容させたりします。


それらの効能の有効性を見極めて、様々な精油の効能を組み合わせて複合的、かつ段階的、持続的に効果が発揮されるよう、バランスを整えてアロマをブレンドするわけです。


更に芳香性も加味して、より良い継続性が生まれるように創作されるのがアロマのブレンドです。



ですから単純に「これ何に効く?」と一概に言えるものではありません。



もし、一言で言う言葉があるとすれば


「在るべき姿に還す」


ということなのでしょう。





もっと突き詰めますと、例えば「癌(がん)」などの場合、現代医療では「癌細胞」に対してどうするか?ということになります。


切除できるか否か?

薬物で減少出来るか?

そもそも治癒(細胞が無くなる)出来るか出来ないか?


という判断をすると思います。




それが、ホリスティックでは


癌に至る原因は?

日常の習慣(食や思考や行動など)は?

環境とのバランスは?

どのように治癒させるか?

病気とどのように付き合っていくか?

今後の生活とのバランスは?


その他様々な要素を追求し検討し実践を試みます。



このように全く基本の思考パターンが違います。




二元性による現代医学の恩恵は当然あります。


ですが、それでは解決できない問題を今やたくさん抱えている状態です。




Yuragi Therapyは様々なところへアプローチを仕掛けます。


身体で言うと

骨格・筋肉へのアプローチ

経絡・リンパなど免疫系へのアプローチ

それ以外に

気・チャクラ・生命エネルギーへのヒーリングアプローチ

心理学などによる心への言葉や施術によるアプローチ

アロマによる心と身体へのアプローチ

それらを総合的・複合的に実施して生活や環境の改善へのアプローチ


これらの様々な知識や技術を、アロマをブレンドするように複合的に作用させて、最終的な目標として

「本来円満完全」

である人の心身を元の姿に「還す」ことです。


人には本来、自然に治癒しようとする力があります。

その力を最大限に引き出すことが、セラピーの目的であり目標であります。




腰が痛いから施術する・・・・


そのような単純さではありません。


腰が痛ければ痛みを緩和する施術をして、腰痛に至った原因となる様々な要素・・・


日常の姿勢や動作・行動の改善

心の在り方・人間関係などの向き合い方の改善

そして、それを実行に移せるようサポートする。


そうすることで、腰の痛みを軽減するだけでなく、腰痛が「起こらない」ように改善をするものです。




要因を取り除き、更にその要因へ至る様々な要因をコントロールする。


これは「リスクマネジメント」の考え方でもあります。



300のハザード(要素)が、30のペリル(リスク要因)を生み、1つのリスクを起こします。



例えば、人が癌で死に至るとして、そこには30のペリル(直接要因)があるわけです。


この場合のリスクは「死」というものです。


そして死に至る要因が、がん細胞以外にも多々あるということです。


更には、それら様々な要因に至る要素が300もあるということです。


それらハザードを全て無くすことは不可能でしょう。


ですが、リスクに至る大きなペリルを30のうちいくつか取り除けば、リスクは回避される・・・というところを突き詰めていって、それら様々なペリルをコントロールしていく。


そうすることで、人本来がもつ自然治癒力が発揮され、リスクが回避されるよう最善を尽くす・・・・



統合医療の必要性はもう既に来ています。


ホリスティック医療の必要性も、もうとっくに来ています。


そして、セラピーの必要性も同じく来て、可能性の追求が既に始まっています。




ですから、単純化された二元性の思考を、一日も早く改善する必要性が、今は最も必要なのではないかと思います。


欧米先進国では既に統合医療はどんどん進んでいます。


鍼灸、マッサージ、アーユルヴェーダは既に医療です。


そしてアロマやハーブは既に「医薬」です。



日本は本当に遅れております。



最も統合医療への最短距離にいるはずの国が、何故これほどまでに遅れているのか?




昔の私ならその原因をとことん追求して、徹底攻撃していたでしょうが、今はしません(^^


対立は分裂を生み更に進歩を遅くするからです。



今必要なのは「和合」すること。


古きと新しきを混ぜ合わせて、本当に良いものを統合することです。




そのために、Yuragi Therapyをもっと高めていきたいと思います。



最後までお読みいただきありがとうございました。





ご質問などございましたら お気軽にお問い合わせください。


ゆらぎ ボディ&ヒーリングセラピー

心と身体と魂を癒すセラピー

Yuragi Method Concept



労りから生まれた「禅」のセラピー

ゆらぎメソッド



本番直前の音楽演奏家のメンテナンスから生まれた

Re:ist メソッド


心理学とエンパシー(共感能力)で癒す

Mentaru & Life セラピー



眠ったままの美しさを揺り起こすフェイシャルメソッド

Re:Beauty メソッド



心と身体と魂まで癒す香りの香奏

安息と再生へ導く香り

Re:Quiem アロマシリーズ



心の奥 深く 闇に眠る魂を呼び起こすために

静心如水 北野坂如水庵

The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー