ヒーラーであるということ



ヒーラーであると言う時


多くの人は「サイキック」「霊能者」「お祓い」「エネルギーチャージ」などなど

そんなことをイメージしておられると思います。


確かに間違いではありません。


ですが、それ以上にもっと奥深い認識が必要なのではないかと思うのです。




人にない力


人とは違う感覚


そういうものを「持って」いるということは


ギフトでもあり


同時に「苦しみ」でもあります。



辛く苦しいから、自らの能力を「封印」してしまう人もいるくらいですから。




実際、そんな苦しい状況を克服しなければ、その力をもって「人を癒す」などということは出来ません。


何よりも辛いのは、それを克服する「道しるべ」が、整っていないということです。


整わないのは「理解されない」ということでもあるからです。





人の自我と言うのは、この「理解」という他者からの「承認の証」を求めます。


ですが、そこから最も遠いところにいるという現実は、自我に恐れや孤独を抱かせます。


そんな恐れや孤独から逃れるために、「封印」してしまう人も多いわけです。




では「封印」しない人はどういう人か?




それは、自分ととことん向き合って、恐れや孤独を克服した方達です。


人の自我の最大の欲求である「承認欲求」をなだめて、恐れや孤独と向き合い、そうして最終的に決意するということは、それはそれは途方もない努力の成果です。


ですから、自らの持って生まれた力を使い、ヒーラーとして活動されている方々は、それはそれは心の強い方たちばかりです。


自らに妥協しない強さ


自らを甘やかさない強さ


自らを労わる優しさ


自らに嘘をつかない誠実さ



それらを常に心の真ん中に置いて、初めて人を癒せるヒーラーになります。




心を偏らせず、囚われず、動ぜず、立ち止まらず


そんな心の在り方を「常に」心がける強さが必要です。



それを得るためには、長い長い時間、年月をかけて自分ととことん向き合って、ようやく得られるものです。


「封印」して逃げ出したくなるような年月です。


そんな年月を経てきて、ようやくヒーラーなんですね。





単に手をかざして


『はい、浄化しました』


そんな単純なことではありません。



そういうことが望みであれば、毎日塩を身体にふっておけばいいだけのことですから。






ヒーラーの方々は、とても柔らかな印象であり、そしてそんな印象と同じ優しい波動を持っています。


それは、「そう在る」という強い決意があるからです。


人よりも数倍ストレスにさらされ、怒りや悲しみ、恐れや不安、妬みや蔑みの感情を肌身に、心にありありと感じながら、それでも尚「そう在る」という信念が、柔らかな優しい波動となるんです。


ほんの微細な心の変化、態度の変化をキャッチしてしまう痛み。


その痛みを受け止めながら、尚も「そう在る」という揺るぎない信念からしか、ヒーリングのエネルギーは生まれ得ません。






自分自身に本気で向き合い、嘘偽りない自分と接することで、ようやく本当の「癒し」に到達します。


自分自身の心の中の良い部分だけでなく、自分の悪さ、狡さ、弱さ、そして闇を見つめ続けて、自分の全てを包み込み、癒せて初めてほかの誰かを癒せるヒーラーとなれるのだと思います。



人の痛み、悲しみ、怒り、恐れ・・・


それを我が身に我が事として受け止め浄化する。


その浄化のためのエネルギー


ハートから溢れる愛のエネルギーが流れ込み、癒しとなって身体を包んでいきます。





ですから


自分すら癒せない人に他人は癒せません。


自分にすら正直になれないのに、他人に正直であることは出来ません。


自分の弱さを知らずして、相手の弱さを癒せません。


そして、自分の強さを知らずして、相手の強さは信じられません。




ヒーリングとは決して安易なものではありません。


日々、自分と向き合い、瞑想したり、身体を整えたり、感情を整えたり、挙動を整えたり、身だしなみを整えたり・・・


日々、丁寧に自分と向き合うことが要求されます。


だから相手に対して丁寧に接することが出来るようになるのです。




そして、自分がどのように様々なことを克服してきたかという「経験」が、一番の癒しの技術の根本要素になります。




私の場合は幼少期より様々な経験がありました。


『自分の魂はほんとうにこれを自ら選んできたのか?』


と思ってしまうような、人の一生にしては「盛りだくさん」なイベントが詰め込まれていました。


ですが、そこから「逃げ出す」選択肢は、不思議と今まで一度もありませんでした。


だから『選んできたんだな』と納得できるわけですが・・・





闇の中で闇に染まらず


孤独の中で打ちひしがれず


痛みの中で苦に逆らわず


悲しみの中で涙に溺れず


怒りの中で炎に委ねず


愚かさの中で嘲らず



そうやって自らを癒し、励まし、慰め、叱咤しながら、ようやく誰かを癒せるのだと思います。





私のヒーリングはそんな経験から生まれたヒーリングです。


ですから、ユルふわなイメージのヒーリングではありません。


ただ


本気で自分を癒したい方には応えさせていただきます。


それこそ全身全霊をもって・・・





心の癒しも妥協しません。


お身体の癒しも妥協しません。


だから魂にまで届きます。





ユルふわな名前の「ゆらぎ」セラピーですが


ユルユルとふんわりとした心地のボディメソッドですが



それは、結果に対して妥協のないところまで行くための、最善の技術だと思っています。



身体の奥まで


そして不調の極みまで


心の奥底まで


そして闇の中まで


生命のゆらぎの光を届けたいと思います。





最後までお読みいただきありがとうございました。


・・・・・・・・・♪




ご質問などございましたら お気軽にお問い合わせください。



ゆらぎ ボディ&ヒーリングセラピー

心と身体と魂を癒すセラピー

Yuragi Method Concept



労りから生まれた「禅」のセラピー

ゆらぎメソッド



本番直前の音楽演奏家のメンテナンスから生まれた

Re:ist メソッド



眠ったままの美しさを揺り起こすフェイシャルメソッド

Re:Beauty メソッド



心と身体と魂まで癒す香りの香奏

安息と再生へ導く香り

Re:Quiem アロマシリーズ



心の奥 深く 闇に眠る魂を呼び起こすために

静心如水 北野坂如水庵


The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー