呼んだの誰? ~エンパスに関しての追記



昨日のお昼過ぎくらいに突然


『浅田さ~ん』


耳元で呼ぶ声


・・・・・・

部屋には誰もいないし・・・・


思わず玄関を開けてみたけど誰もいないし・・・・・



昨日・・・

呼んだの誰?





昨日の記事で「エンパシー(共感能力)」について少し書きましたが、たぶん呼んだのは「エンパシー」の能力がある人だと思います。

すごいシンクロです^^;


地球の波動が上昇しているせいで、人それぞれ様々な変化が現れているようです。

ですから、もともとエンパシーの力があった人なら、簡単に「念」を送ってしまうのでしょう。


どうやら受け取る方も受け取りやすくなっているようです。


それにしても誰だろう?





エンパシーの力を認識しないで生活している人は多いと思います。

だから人の波動の影響を受けやすいことに気付かないまま、集団の中に入ってしまうと、その集団の波動が悪ければ、身心に影響を及ぼします。

昨日の記事で書いた「精神疾患」など、そのケースも多いと思います。


自分は「鬱」だと思い、病院に行くと「鬱」と診断されてしまい「鬱病」になってしまう。

強迫性障害や双極性障害や様々な病名を付けられて・・・


そして、薬を処方され飲み続けることで、完全にそれが固定化されてしまうんでしょう。

こんどは薬を手放せなくなります。

崖にしがみついた状態で、渡された楔(くさび)を握りしめてしがみついている。

そんな状態です。

楔(くさび)が薬ですね。




正直、低い波動の集団の中にいると、毒の池に漬かっているのと同じような状況です。

ましてや、悪意が自分に向ていれば、針の筵(むしろ)です。

感じない人には問題ないのかもしれませんが、エンパシーの力があると「ありありと」感じ取ってしまいます。


また、エンパスの方たちはほんとに人がいいんですね。

誰かのせいにはしない。

毒を吐いて発散しない。

だから自分を責めてしまう。

結果、自分自身を更に傷つけてしまいます。



そんなときは一刻も早くその場を離れるのがいいんですね。

でもそれが職場だと、社会常識はそれを赦さないところがありますから、ついつい我慢してしまう。

そして限界まで来てしまいます。



さらに、そんな風に人のいい方の波動は、心地がいいんですね。

だから人を寄せてしまう。


一種のパワースポットのようなものです。


その人の近くに来てエネルギーを浴びる・・・

だから人がなぜか集まったりします。


でもなぜか妬まれたりします。

たぶん、エネルギーが溢れているからなのかもしれません。

ないものねだりの妬みなのでしょう。


だから攻撃されてしまう。

無言の攻撃です。

エンパスだからこそ受けてしまう攻撃・・・



自分を知るだけでも大きな違いがあります。

知らなければ周りの人に言われるまま「自分はおかしい」と思ってしまいますから。

知ることでそれなりの対処の方法も探れるでしょうから。


もし周りにそれらしい人がいるなら、気付かせてあげてほしいですね。

それだけで楽になれる部分も多いですから。



みなさん。

いい人を見たらエンパスだと思って、いい波動で接してあげてください。




最後までお読みくださりありがとうございました。




ゆらぎ ボディ&ヒーリングセラピー

心と身体と魂を癒すセラピー

Yuragi Method Concept



労りから生まれた「禅」のセラピー

ゆらぎメソッド



本番直前の音楽演奏家のメンテナンスから生まれた

Re:ist メソッド



眠ったままの美しさを揺り起こすフェイシャルメソッド

Re:Beauty メソッド



心と身体と魂まで癒す香りの香奏

安息と再生へ導く香り

Re:Quiem アロマシリーズ



The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー