REQUIEM Zero(零) 創作秘話


もともとREQUIEM Zeroはエッセンシャルブレンドとして創作したものではありません。


とある女の子に


「食欲抑えるアロマ創って~」


という要望が始まりでした。




食欲を抑えるとはどういうことだろうか?


そんなところがスタートでした。




食欲と言ってもご飯はちゃんと食べてもらわないといけない。


そして、抑えるべきは「おやつ」や「夜中の食欲」など無駄な食欲のほうでした。



そういった食欲を「偽の食欲」と言います。



身体が欲する食欲ではなく「脳」が欲する食欲です。




さて・・・どうするか・・・




おなかがいっぱいでも脳が職を欲する理由というものがあります。


それは、ドーパミンやエンドルフィンなどの「脳内麻薬」と呼ばれるものを欲しているからです。


そして、エンドルフィンなどの脳内麻薬はやがて「セロトニン」という物質に変化します。


女性ならよく聞くであろう「セロトニン」


俗にいう「幸せホルモン」ですね。



じつはこの幸せホルモンによる「幸福感」を欲しがっているわけです。




そりゃあ誰だって幸福感を味わいたいですよね。



そして、この幸福感を味わうために、おやつに甘いもの、夜寝る前に甘いもの・・・


甘いものを食べるとエンドルフィンなどの脳内麻薬が出て、そしてセロトニンへと転化して「幸福感」に包まれる・・・・


・・・というのが「偽の食欲」の正体です。




ネズミの尻尾を押さえたら、捕獲まではすぐです。


そうしてアロマの成分表と香りのバランスを加味しながら、最終的な着地点としての「香りのイメージ」を決めておきます。


それが「きんもくせいっぽい香り」


成分バランスと香りの調合でひとまずブレンドが出来ます。




そして、このブレンドオイルの利用方法をどうしようかと考えたとき、ひらめいたのが「リップヴァーム」でした。


ヴァームを唇に塗布することで、香りが直接鼻腔へと運ばれます。


効果抜群です。


唇も潤いますし。




ヴァームの材料には蜜蝋(みつろう)、シアバター、ホホバオイルなど天然の素材を使用しています。


それらを湯煎で溶かして、そこへブレンドを数滴垂らすと、何とも言えない香りが広がります。


これをリップスティックに入れて固まるのを待つだけ。


はたして効果はあるのか?




このリップを様々な人に配って試してもらいました。




効果に関してはここでは書きません。


たぶんいろんなところからクレームが来るでしょうから。


ただ、リピートしてくれる方は多いです。


ちゃんと使っている方はリピートしてくれていますね。





そもそもこのブレンドの心理的効果はと言うと、忙しかったり、寂しかったり、なかなかご自身を労れていない人に安らぎをもたらすものです。


孤独に寄り添う・・・


そんな言葉が一番似合います。


幸せホルモンのセロトニンを意識して創作したブレンドですから。




REQUIEM シリーズのブレンドのコンセプトは、自分のための香りです。


時に身に纏ったりして、いつでもそばに置いて人の助けとなる・・・


そんなブレンド達です。



このZeroもCARNELIANやGESSOのように、いつでもどこでも身に着ける香りとして出したいと思っています。


リップヴァームとしては薬事法など法律上の関係で出せません。


なのでロールオンでの提供になると思います。



リップヴァームを創作出来る方はエッセンシャルブレンドを使って、ご自身で創作されてもいいかもしれませんね。



REQUIEM Zero(零)販売サイト minne


REQUIEM Zero(零) REQUIEM特設サイト



The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー