魂の言葉 ~占星学とアロマ 2月26日魚座新月・日蝕 2月20日~2月26日



人にはおよそ人間としての肉体年齢と魂が経験してきた年齢があります。


自分の心の在り方が大事な引き寄せですが、その在り方には人それぞれの状態があると思います。


それが「魂の年齢」


その年齢の在り方に気付き魂を目覚めさせた時、この世に生まれ来るときにあらかじめ決めたストーリーが「予定調和」の如く展開し始めるのでしょう。



魂の年齢についてはまた別の機会に書くことにします。





心には二つの意志があります。


人間としての意志と魂としての意志。


このバランスに人は苦しみ、迷いながら生きているのでしょう。





気高き魂


その魂に見合うように、人は生きていく中で様々な苦しみ、悲しみ、喜び、怒りを味わいながら成長を続けていきます。


魂はそんな人の感情を観ながら成長していきます。


そして、人という神の器と心の中で一体になったとき、「予定調和」が始まるのだと思います。


それを引き寄せの法則と言うのでしょう。




自らの魂と違った生き方をしていては、満足のいく人生にはなりません。


だからといって魂に没頭すれば、人としての人生は破綻してしまうでしょう。


魂の意志、人としての意志を心の中で調和させて一体と成す。


2016年9月頃からの時代や次元の変革・変容は、そんな自己変容のステップで始まったのかもしれません。




今、苦しみの中にある人、悲しみの中にある人。


あなたの魂は気高い。


だからこそ試練が多い。




生まれる前に魂は人としての試練を決めてくると言います。


自分が「乗り越えられる」だけの試練を人生に入れてきます。


だから、辛い試練があるほど魂は気高い。




あなたの気高き魂は、あなたの心の痛みを優しく見守り寄り添っているでしょう。


痛みを共有し分かち合いながら寄り添っているでしょう。


そして、やがて魂と一体になる時が来ます。


その時から人生の予定調和が始まるでしょう。



心の在り方。


それは魂の在り方と調和した心の状態。


それこそが「自在」


「自らが在る」






自在



自在とは仏教用語で

心が煩悩の束縛から解放されて自由となり、何事でも思うがままになしうる能力をいう。仏、菩薩にはこの力がそなわっているとされる。


そもそもこの仏教用語の解説が人を惑わせるのでしょう。


煩悩、束縛、解放・・・・


煩悩は人の本能なので嫌悪すべきものではなく、ごく当たり前の本能や感情です。


本能や感情に善悪などありません。



束縛とは執着とも言いますが、これも「こだわり」と言えば聞こえは変わります。



解放とか手放すとか言いますね。


これも抽象的過ぎて結局理解に苦しむ要因なのでしょう。




人としての本能や感情をありのまま受け入れることは大切なことです。


無我夢中で一生懸命な様は、執着ですがとても素晴らしいものです。


恨みに執着することは悪しきこととされます。


この二つの執着の違いは?


前者は「今」という瞬間瞬間であり、後者は「過去」の感情です。




人は時間の中で生きています。


ですが「魂」は時間という概念が無いところに存在しています。


人の意志と魂の意志が調和すれば、過去の思いも書き換わり、未来もかどんどん書き換わる。


今この瞬間思い描いた「調和した心」の心像が、未来に現れるわけです。


それを「自在」と言うのでしょう。






魂の願い


それは人としての自分の願いでもあります。


ですが、人としての願いがあまりにも魂の願いとかけ離れていると、二つの意志は調和することはないでしょう。


人と魂の願いが同じ方向を向いたとき、調和が生まれ自在となって、そうしてはじめて望む現実が現れ始めるのでしょう。



心をクリアに掃除する。


そうして心の曇りが取れてくると、魂と人としての自分が心の中で顔を合わせる。


「あぁ、そこにいたんだ・・・」



ずっと長い間心の中で共に痛みや悲しみ、喜びを感じていた魂。


曇っていて見えなかっただけ。


曇りが晴れたらずっと傍にいたことに気付く。




「我が魂よ、あなたは何がしたい?」


『君がしたいことと同じ。君が本当に心から望んでいることだよ』


「知っているのか?」


『ずっと一緒にいたから』







占星学とアロマ


今週末の26日日曜日は新月、しかも日蝕が起こります。


前回の満月は月蝕なので、今はそのちょうど狭間にあります。


この蝕と蝕の狭間の特別な時間は、人々が心の奥にある「光」に触れることの出来る時間だと思います。


心の曇りを綺麗にして、あなたのそばに常に寄り添う「魂」の光を見つけてほしいと思います。


星たちが用意してくれた特別な時間です。



今週のアロマブレンド


REQUIEM Suimu(酔夢) ~魂を解放する香り

人生は夢幻(ゆめまぼろし)の如きもの

喜び・悲しみ・怒り・孤独・希望・絶望

全てひと時の感情

過ぎて尚、手放さない執着が苦しみを生み出す

Suimuの香りに包まれて、そんな執着を手放して穏やかなひと時を過ごしてほしいと思います

頑なになった心の殻を通り抜ける華やかな宴のような香りで、心の安らぎを思い出してください



BLUE REQUIEM Suigetsu(水月) ~静寂な心がゆらぐ香り

明鏡止水

心が穏やかで静かであれば、鏡のように全てをありのまま映し出す

ありのままの姿を捉えてありのままの姿を感じる

そうして初めて世界がありのままの姿で観えていることになります

静かな水面に映る「月」は美しく愛でられるものです

Suigetsuの香りで、そんな「ありのままの美しい世界」で生きてほしいと思います




心の曇りを取るのは、美しい言葉、美しい現実、美しい想い


心の中を常に美しいもので満たしてください。


そうすれば心はクリアになり、魂の輝きに気付くでしょう。


あなたの魂は いつでも待っています。





The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー