感情を解放して「自在」になる ~水月Therapy





感情は潜在意識の領域



人は潜在意識の中で感情が常に揺れています。


現実の出来事に即して喜怒哀楽の感情が心の水面をゆらゆらと揺らすわけです。


ですが、顕在意識にある「意思」でその感情をコントロールするので、対面的には静かにすることが出来ます。



ただ、この顕在意識の意思が少々誤作動しているというのが、人の困ったところなのでしょう。




潜在意識では哀しみの感情が揺れているのに、顕在意識は怒りの感情を表したり。


楽しいことなのに何故か怒りを表したり。 



特に日本人は怒りや悲しみの感情に対してマイナスイメージを持ちすぎています。


それが尚更感情を感じる心を阻害しているようです。








トラウマ


こどもの頃にクセ付けられた意識が、本来の感情をねじ曲げる場合がほとんどです。


大人になるにつれて泣けない、笑えない、楽しめない、怒れないなど、人それぞれのクセがついてきます。



幼少期の経験、特に両親との関係性から人それぞれのクセが付きます。


それをパーソナリティーともいうのですが、そこに強い経験、体験があったりすると、トラウマとなって残ります。



トラウマと聞くと何か悪いもののように思いがちですが、これは誰もが持っているものだと思います。



平時は特に問題はないのですが、何かの折に触れてそれが出てきます。


出てくるというのは、顕在意識の思考や意思決定の方向性に影響するということです。



もちろん悪影響ですね。


幼いころに感じた大きな悲しみ それを守るために悲しみを怒りに変えたり 幼いころに感じた強い怒り ・・・・その怒りの炎を燃え上がらせないために、心を凍らせて悲しみを切なさに変えたり・・・







 恐れ



恐れから逃れるという防衛本能が人には備わっています。


幼いころに怒りを現す事を恐れたり、悲しみを現すことを恐れたり それは、その感情に向き合う辛さがそうさせているのでしょう。



幼いころだけではなく、大人になってからでもそれは起こります。


強烈な悲しみを怒りに転嫁する復讐であったり、強烈な怒りを自分へと向けてしまう自責の念であったり。



そんなクセがあると本来の感情を素直に感じることが出来なくなります。



全ては恐れからくると仏陀が見抜いてから2500年以上もの時が流れていますが、いまだ人はその恐れから逃れることが出来ません。



そして、恐れから逃れるために恐れさせるという負のスパイラルへと陥っていきます。




もはや世界中に蔓延する恐れ・・・







恐れを静める



過去の出来事と一体になった感情を解放すると、ゆがんだ感情の感じ方は正常に戻ります。



解放するとは赦すということです。


その出来事、恐らく出来事にかかわる人に対する感情のはずです。



そこにかかわる人を赦す前に、自分の感情を赦すことです。



怒りの感情、悲しみの感情、それに付随する僻みや妬みや痛みなどの感情を持った自分を認めて赦すことです。


それらの感情には善悪などありませんから。


当然のこととして起こる感情なわけです。




出来事の一面に強く囚われて、別の面からは見られない状態での感情です。


どんな感情がおこったとしても、それは無理のないこと・・・・



ただ、時がたち違う角度で観てみれば、違う感情も当然湧いてきます。



何が正しいとか間違っているとかではなくて、ありのままを見つめてありのまま素直に反応することです。







羅針盤



感情とは神が人に与えた生きるための秤でありものさしであり羅針盤です。



その感情の素直な反応が羅針盤となって生きる方向を教えてくれます。



その羅針盤が正しく機能しなければ、人生の歩む道を誤まるのも当然ではないでしょうか。


迷うのも当然ではないでしょうか。



怒りが湧くのに怒りを抑えて生きる。


悲しみが溢れているのに目をつぶって生きる。


それは仕方がないこと・・・・


その「仕方がない」という意識にも「恐れ」が潜んでいます。




恐れが溢れる時代だからこそ、恐れに溺れてはいけないと思います。


そんな恐れを恐れではなくする。



自分を赦し、誰かを赦し、出来事から感情を解き放って、感情の自由を取り戻す。


そうすることで「自在」となります。



自分が在る・・・と書いて自在です。



自分が本来の自分を取り戻せば、邪魔するものはもうなくなり「自在」となります。


自分が在って、初めて自由を得られるのです。



自由と自在は一対のものです。


自由は自分の外側自在は自分の内側のものです。



自由があっても自在でなければ自らは自由には動けません。


自在となって自由を手に入れて、未来を自由自在に生きてほしいと願います。


きっと、行きたいところへ何処へでも行けるでしょう。    


The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー