覚悟・・・それは悟りの始まり ~Yuragi Suigetsu Therapy



悟りの覚醒



覚悟とは読んで字のごとく「悟りの目覚め」ということです。


肚(はら)を据えるとは「覚悟」のことです。



自分の意志や想いを自分の中心である肚に置いて、微動だにさせないことが据えることです。




成功だとか失敗だとか、出来るとか出来ないとか、そんな未来のわからないことにいつまでも心を囚われない。


「やる」と「決める」


それが覚悟というものです。




成功も失敗も一時の状況を指した言葉にすぎません。


ただやり続ければ いずれその「功は成り」、途中でやめれば「自分に敗けて功を失う」ということです。



想いを肚に据えて揺るぎない意志でやれば、自ずと歩いた後が道となり、その道が功と成っているだけです。


ふと気が付けば・・・・


歩いた軌跡が「功と成って」いるだけです。




成功すると失敗するとか、出来るとか出来ないとか・・・・


それは「言葉」が間違っているだけで、その間違った「言葉」が常識にまかり通っているだけです。


「やる」と決める。


その揺るぎない思いが「悟りの始まり」です。



座禅などいりません。


滝行もいりません。


心を静めるにはいいと思います。


ですが、悟りへ至るのは「生きることへの覚悟」だけです。







奇跡


覚悟をもって「やる」ということは、常に「最善を尽くす」ことです。


「最善を尽くす」とは「今、自分が出来る限りのことをする」ということです。


それで物事が思うように行かず、出来ない時があります。


それが「学び」の時です。


「じゃあやり方を変えてみよう」という学びです。


そうやって、何度も何度もやり方を変えながらやり続けるだけです。


そして、ふと振り返ってみたとき、功が成っているのを確認する。


そしてまた歩き続ける。



最善を尽くしていると、閃きのようなものが訪れます。


無我夢中な心に、「瞬間」現れる。


そんな「奇跡」があります。


最善を尽くしている無我夢中な状況に、「転機」となる出来事なども起こります。



一生懸命道を進んでいる自分の「軌跡」を、良き方へ導く「奇跡」です。



そんな奇跡は様々な形、姿でやって来ます。


ほんとうに様々な形です。


それを幸とか不幸とかいう物の見方で捉えれば、奇跡は奇跡でなくなるでしょう。


幸不幸は後になって心に沸き起こるただの「思い」です。


出来事それ自体に幸も不幸もありません。


その「奇跡の出来事」にどう対処しどう進むのかで、「軌跡」「奇跡」となるのでしょう。







自分の中心、腹に何を据えるのか?



相反する二つのものを肚に入れれば、常に揺らいで安定しない思いとなります。


「あっちがダメならこっちで」などという、保険をかけているつもりの思いは絶対に肚に据わりません。


「二兎を追う者は一兎をも得ず」とはこのことです。




ただ一つの揺るぎない想い。


それは「人の生きる意味」でもあります。


何のために生まれ、何のために生き、何のために死んでいくのか・・・・


何処に生まれ、どの道を歩み、今どこにいるのか?


その「今」の場所に意味があり、「想いの種」があります。



たんぽぽが、大地と水と陽の光があればどこででも花を咲かせられるよに、人もどこででも花を咲かせられます。


肥沃な大地であれ、コンクリートの隙間であれ花を咲かせられます。


コンクリートを突き破って咲いた花は、誰からも称賛されるでしょう。



あなたの今いる場所が冷たいコンクリートの隙間かもしれません。


水の少ない乾いた大地かもしれません。


泥の中なのかもしれません。



それでも花は咲かせられます。


人は何にでもなれる。


タンポポにでもサボテンにでも蓮の花にでもなれる。


だからどこででも花は咲かせられます。




今いる場所に幸せも不幸もありません。


それは単なる思い。



自分の花は自分が咲かせない限り咲きません。


たとえ肥沃な大地であってもです。


今、自分が居る大地で花を咲かそう・・・


その覚悟が、今 自分がいる場所に最も適した花となる奇跡を起こします。







悟るとは覚悟すること。


その覚悟が「成長への門」を開きます。


悟りを「開く」ということです。


その門を通って人生を登り、成長してほしいと思います。


昇るほどに「奇跡」に気付きやすくなるはずです。


「奇跡」が何であるのかも。


人生を登り過去を振り返って自分の軌跡を高みから眺めたとき、なんと奇跡の多いことかと・・・・


自分の「軌跡」が「奇跡」に囲まれている・・・・


そんなふうに思います。




今一度、自分の過去を振り返って、奇跡を見つけ出してください。


過去の不幸ばかりに目を向けず、奇跡の数々を見つけてください。


どれだけ多くの奇跡があり、その奇跡の数々をどれだけ無駄にしてきたことか・・・・


そのことに気付けば、今の奇跡に気付くようになります。


そして、今の奇跡はこれから自分が辿る軌跡となります。



花を咲かせてください。


そして奇跡を起こしてください。


その覚悟が出来たら・・・・・


悟りの門が開かれるでしょう。





最後に・・・・・


「功」は「幸」です。


The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー