自由を赦し自由になる 占星学とアロマ 1月30日~2月5日



自由とは何なのでしょうか?


誰からも束縛されず、誰にも邪魔されず、誰にも押さえつけられず、誰からも止められない。


人と人とのしがらみが纏わりついて、なかなか自由になどなれない。


人として、家族として、友達として、仲間として、人と人が関わりあっている限り、様々なしがらみは付いて回ります。



こんなことをしてはダメだ、それはしないほうがいい、こうあるべきだ、こうであってほしい。


そんな常識や人の言葉に後ろ髪を引かれて、先へ進めないことも多いのかもしれません。




ですが


自分の自由を奪っていると思っているものは、実は自分がそうしているから、結果自由が奪われているということです。


わかりにくいですね。



例えば束縛。


本当に人を束縛しようとするなら、縄で縛ったり鎖でつないだり、折に閉じ込めたりしないかぎり束縛はできません。


でも、誰かに「束縛されている」と思ってその束縛から抜け出せずにあがいていたりする。


別に縛られているわけでもなく、繋がれ閉じ込められているわけでもないのにです。




束縛するのは「依存」です。


依存心が相手を束縛する行動に出るわけです。


そして、束縛される側も「依存」しているわけです。


逃れられるのに逃れない。


そこには確かな依存心が存在します。



束縛は極端な例かもしれませんが、「自由でない」と感じているおおよその原因は、実は自分が作り出した縄であり鎖であり檻である「イメージ」です。


わずかばかりの依存心があれば、そこから「束縛」するものを自分でイメージして作り出し、自ら手かせ足かせをはめてしまいます。



依存心の元となるのは、優しさであったり、愛情であったりします。


優しさを受け、優しさを与えたいと思っている。


そんな純粋な依存関係ですが、その優しさは奥のほうへ押しやられてしまします。


そんな優しい関係を覆い隠しているのが「恐れ」や「不安」などです。



離れてしまうという恐れや不安が、優しさを与えていたはずの状態から、徐々に優しさの押し売りへと変化し、それっがかえって更なる恐れや不安を煽って、やがて「束縛」の形へと変貌していきます。


無条件で与えていた愛情が、「あなたのために言ってるの」となり、やがて「あなたのためにやってあげてるのよ」になり、「こうしなさい」になり「黙っていうことを聞け」となっていきます。


離れられないのは根底に「愛情」があって、その愛情に依存している部分があるからです。




そんな自分の依存心を断ち切ることが出来たら、いつでも自由になれるのです。



自分の邪魔をするものに対しては、自分自身が「邪魔」と思っているだけであったり、そのことに執着してイメージを膨らませていたりして、よけいに「邪魔」となってしまっていることもあるでしょう。


自分自身が「邪魔」と思わなければ、それは「邪魔」するものではなくなります。




この世は鏡の法則のように、自分が心で描いたことが自分を取り巻いてしまいます。


神社のご神体が「鏡」であるのがうなずけます。


すべては自分次第・・・心次第です。




水瓶座の新月で自由を手に入れやすくなっています。


惑星すべてが順行し、戦いの星・火星が、戦いの星座・牡羊座へ移動しました。


それらのエネルギーが後押ししてくれるはずです。



本当に自由になりたいのなら、自分自身の依存や執着を手放して、自分自身を解放してほしいと思います。


手放すとは、まずは自分が相手を解放してやることです。


相手を自由にしてあげることです。


自由を赦す。


束縛する自由を赦し、邪魔する自由を赦し、押さえつける自由を赦し・・・


相手の自由を認め赦す。


そうすることでようやく自分自身の自由が許され、そしてやがて解放されます。



手放す、解放するとはそういうことではないでしょうか。




そして、解放され自由になったなら、来週から始まる「旅路」はきっとワクワクしたものとなることでしょう。







占星学とアロマ


サイプレス

黄泉の神・ハデスの名を冠し、変容と再生を促すこの精油が、解放の手助けをしてくれるでしょう。

自分の現実をきっちりと受け止めて、不要なものは放棄する。

執着を手放す「恐れ」を明確にして、その恐れをきっちりと受け止め理解して、そして手放す助けとなる精油です。



マージョラム

愛の女神・アフロディーテの名を冠するこの精油が、傷ついた心を温め慰めて滋養してくれます。

自由になるということは、愛情ある手を離れて独り立ちすることです。

喪失感に打ちひしがれた孤独を癒し、手放した愛情が永遠であることを信じる心を取り戻させてくれるでしょう。



ペパーミント

全能の神・ゼウスの名を冠するこの精油が、動揺する感情で疲れた心を活気づけ、理解を納得へと導いてくれます。

そして魂を高揚させて旅の行く先、未来へと目を向けさせてくれるはずです。






2017年は「変革」の旅です。


時代はいやおうなしに変革を求めています。


その担い手となるために必要な「自立」を促しています。


自立しなければ自由にはなれません。


自由にならなければ新しい創造は出来ません。


それは、新しく創造されるものでなければ「変革」にはならないからです。


今まで過去にやってきたこと・・・・


そこにはない全く新しい創造が必要です。



一日も早く自由を手に入れて、未来を創造してほしいと願っています。


そして、本当の幸せを築いてほしいと思います。


The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー