フェイスバランスと心理学

Photo by David Photo Studio


顔のバランスと整える要素は「筋肉」「骨格」「リンパ」などの物理的要素は当然のことながら、それだけで全てを補えるわけではなく、特に「表情」感情が最も顕著に表れるところであり、つまりは「心」の状態が顔のバランスに影響を与えていることになる。 

こんなときに「探偵」であった過去が非常に役立つ。



表情を読み解く「人相学」という心理学


昔学んだもので人相学というものがあります。

手書きの時代を感じさせる分厚い書物で、古い学問ではありますが非常に役に立つものでした。

そのおかげで人の表情から得られる情報量が普通の人より多いわけで・・・・・・


気付かなくてもいいことにまで気付いてしまうから少々面倒ではあるのですが、こういう時にこそ役立てるべきものなのかもしれないと思います(^^)


まぁ細かいものは色々あるのですが、それは置いておいて「顔の対称」について見てみることにします。



顔の左右差が全くない対称的な人はまず居ない。

その中でも顕著に違いが現れるのが「目」の部分です。  


私自身もそうだが目の大きさが左右非対称で、右半分と左半分を分けて見たとき「別人格」を感じさせるほどです。

この「非対称」こそ心の表れであり、性格形成を感じられる部分でもあります。 


実は「両親」との関係性が最も表れて非対称になる部位が「目」であります。

目は口ほどにものを言う・・・と言われるほどですから感情が一番現れる箇所なわけです。

そして、どちらの目に表れているかで、両親のどちらと確執があったのかがわかります。



表情と感情の関係


幼少期からの両親のどちらかに対する「感情」「思考」「心」が成長過程で変化を起こさせ、成人に至る頃にはパーソナリティとして形成されているわけです。 

両親のどちらかに対して「怒り」「不信」「恐れ」などの負の感情などです。 

それが左目か右目に現れるというわけです。


目だけに限らず目の周りから顔全体へと感情の波は広がってゆきます。

それが左右非対称の根本原因であります。


なので、いくら顔の筋肉や骨格、リンパをどうしようとも左右非対称が変わるわけではありません。 

ただ、修正の助けにはなりますが・・・



記憶の中の因果


子供のころは何もわからず怒りや悲しみをかかえていたとしても、大人に成長してからは「大人の事情」というものが理解出来て、子供のような感情は起こさなくなっているかもしれません。


ですが、人間には「記憶」というものがあります。

子供のころ心に起こった感情「記憶」として残っている限り、その怒りや悲しみのはまだ消えていないわけで、それがいつまでも顔に現れてしまっているということです。



因果の解放


今の自分は怒りや悲しみはなくても、子供のころの怒りや悲しみの記憶がある。

それを解き放たなければならないわけであります。

今の自分が「許し」を与えるのではなく、子供の時の自分が「許し」を与えることで、怒りや悲しみのが消えてようやく解放されるのです。


片方の顔に軽く手を添えながら、子供時代の負の感情を解放すると、今まで顔半分にあった怒りや悲しみが消えて、左右のバランスは整ってきます。


怒っていた目も硬く食いしばっていた片頬も解きほぐされ、また悲しみに落ちていた目も口元も解きほぐされて、今の心の在り方へと表情は変わっていきます。


今の心に強い「怒り」や「悲しみ」があればその感情ようになってしまいますが・・・ 

今が平穏ならば当然平穏な顔つきへと変わるでしょう。



因果とは、かつての原動力の「残り火」です。


幼少時代の怒りや悲しみといったものは、決して悪いことというわけではありません。

その感情が性格を形成し、時に原動力となり今の自分へと成長させてくれた要素でもあります。

強烈な怒りは強烈な炎となって、力強い原動力となったはずですから。


また悲しみや不信も強烈であれば原動力となり、時に才能を開花させたりもします。


ただ、必要なくなれば手放すことも大切でしょう。

特に新たな道を進むためには・・・・


そう思います。 


心の奥まで届かせる・・・

Beauty Methodもそのようにしていきたいと思います。


如水庵



The Healer by Koji Asada

龍使いの女神の力と龍使いの力を持つHealer & Therapist 独自のヒーリングセラピーで『魂』まで【癒し】をお届けします

0コメント

  • 1000 / 1000

淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー