淺田 こーじ


独自のボディワークとヒーリングワークによる「ゆらぎ」のセラピーメソッド開発

●ボディセラピスト
●ヒーラー
●アロマブレンダー

特定非営利活動法人 日本メディカルハーブ協会
 メディカルハーブ・コーディネーター
公益社団法人 日本アロマ環境協会
 アロマテラピーアドバイザー


記事一覧(430)

サイト及びBlog移転に関して

2016年から始まった『ゆらぎセラピー』完成の旅は、一先ずひとつの到達点に達しました。その設計図であり道標として始めたのが、このホームページでありブログでした。本来であれば2017年末にセラピー完成を迎え、2018年初頭から新たなスタートをするつもりでしたが、2018年初頭に激変が起こり、その激変による大波を乗りこなす術(すべ)を半年以上かけてようやく身に着けるに至り、ここから新たなスタートを切ることになります。激変によりセラピーは全く新たな姿となって、より力強いものへと変容を遂げました。それが『女神の力』を使うことであり、『龍神の力』を使うことであります。2018年初めに『女神』が我が身に降臨し、その直後に龍神がわが前に降臨し・・・普通なら意味も解らないまま過ごしていたかもしれません。しかしながら、この全く予定外の激変を乗り切って、徐々に力を我がものにしつつあるのは、ひとえに周りで支えてくださった人たちのおかげです。まるで2018年初頭の激変を予定していたかのように、昨年末から様々な人に出会って、それらの人の支えがあって非常に短期間で変化を吸収していけました。更に言うなら、2016年初頭にある方から予言をされ、今まさにその予言の場所にたどり着いている。もっと言うならば、2011年に神戸の地に来たのは、まるで導きのようなものであったことが、今なら深く理解できます。過去の道のりは険しく、未来はまだまだ遥か高みに向かって進んでいるでしょう。人は元来単純で簡単な人生は望んでおりません。それは「つまらない人生」であるからです。道のりは険しいほど楽しいものです。遊園地のアトラクションのように・・・・ようやく一つのアトラクションが終わり、次のアトラクションへ向かう・・・そんな分岐点です。独自のボディセラピーを完成させた時、強力なヒーラーの力が宿ってしまった。ヒーラーの力の使い方を覚えるのも大変です。ですから、そのヒーラーの力を再びセラピーに融合させるのに、たっぷり半年以上かかりました。セラピストでありヒーラーでもある。それは別の見方をすればセラピストでなくヒーラーでなく・・・ということにもなります。ですから、ただ単に【癒し人】そう呼びたいと思います。『癒し人』としてこれから始まるBlogがこちらになります。

森の声

需要の創出一見かっこよく素晴らしい言葉のようであるが、つまるところ『供給のための需要』ということである。いつから受容と供給が逆転してしまったのかは定かではないが、エスカレートする『需要の創出』はだんだんと見境がなくなってきている。『需要の創出』で最も効果的なのが『恐れ』による創出。そして『偽善の満足』による創出である。恐れに依る創出の最たるものが『バーゲンセール』「今買わないと損をする」という心理的プレッシャーを創出するもので、小さいものではあるが『恐れ』による創出である。しかし、これがどんどんエスカレートして来て、今では公然と『恐怖』を植え付けて需要を創出している。身体、生命への恐怖をあおり創出される需要。環境や社会からの恐怖をあおり創出される需要。人は「需要」のために連日『恐怖』を煽られている。だから本来は恐れる必要のないものに恐れの感情を囚われて、本来恐れなければならないものを見過ごしにしてしまっている。思考停止それは恐怖の感情に揺さぶられ続けることによって、思考がそちらに引っ張られて、冷静な思考や判断や理解が出来なくなる状態である。例えば・・・子宮頸がんワクチンなどはイギリスでは法律で使用を禁じられている。「生命の危険があるため使用を禁じる」ということである。しかしながら日本では政治家が率先して使用をさせようとしていた。しかも、子宮がない男性にまで義務付けをしようとしていた。これは、先進国が危険性があるとのことで使用を見合わせたため、大量に余った在庫の処分をどうするか?ということでインドや日本で大量に消費されることとなった。税金で・・・これを率先して受けさせようとしていた政治家というのは、当然そのことを承知のはずである。もちろん厚生労働省も。こんなものはほんの一例です。それこそ蔓延しているわけですから。そんな本来恐れる必要のない恐れの感情を煽られて、恐れに支配されてしまえば、冷静な判断はつかないのでしょう。また、『偽善の満足』というものもあります。例えば『太陽光ソーラーパネル』ソーラーパネルを一枚作るのに100のエネルギーが必要だとしてソーラーパネルが廃棄に至るまでに創出できるエネルギーは20程だと言います。しかも森林伐採までしてソーラーパネルを建てている。100-20=80という単純な損失以上の損失を出しながら、『クリーンエネルギー』という『偽善の満足』のために本当の『クリーン』から遠ざかっている。実際、日本の森林は疲弊が始まっています。それは『闇夜が無くなったために植物が休めない』ということのようです。『ある日突然多くの森林が枯れ始める』そんなことが起こってもおかしくないと言われます。原子力発電は放射能の害があるだけではなくて、実は『止らっれない』ための害があります。夜も稼働を続けなければならず、それゆえに電気が作られ続けることになる。だから夜も消費しなければならない事態に陥っているのが実情です。深夜電力を安くして、夜に電気の消費量を増やす必要があるわけで、そのため24時間操業する企業も増え、あちこちでライトアップも増え、明るい街がどんどん増えています。『明るくなることで犯罪が減る』そんな声が聞こえてきますが・・・昨今、山は浄化力を失いつつあります。それは、生命の循環が滞っているために起こるものです。つまり、山の代謝が滞っている・・・病気の状態です。だから山々に住む動物の食べ物が山で充分に供給されない事態になり、動物たちは下へ下へ降りてきているわけです。山で植物が育たず、動物たちも減ってしまえば、生命の連鎖循環は先細りになって、やがては山の植物も激減するでしょう。植物学者は言います。今のままだと100年もつかな?と・・・・山を山として存在させている木々は、今にも崩れそうな山を支えているのでしょう。ここ最近の山中走破でそれを目の当たりにしてきました。大雨に降られ、地震に揺さぶられ、台風に薙がれて・・・これで気付かなければもはやどうしようもないかもしれませんね。山が枯れれば川も枯れ海も枯れる。枯れるとは『生命』が枯れるということ。本当に恐れるべきもはなんなのか?しっかりと心の目を開いて見なければ・・・と思います。

伝えるのは『カタチ』に非ず ~【ヒーリングヘッド】の『理・技・力』

どこでも『癒し』を・・・それがYuragi Therapy開発で目指していた部分でもあります。「どこでも癒しを」の始まりは、神戸の北野異人館街にある『風見鶏の館前広場』で、折り畳みのベンチを持ち出してのセラピーイベントからでした。観光に訪れた旅行者に、ベンチに腰掛けてもらって首・肩・腰・脚の疲れをサッと取り除く。その延長線上で、バイキングレストランの待合のお客さんに対して、待合所でサッと取り除く。よほどの不調やリラクゼーションを求める以外は、ベッドを必要とせず『どこでも癒しを』を旨としています。その究極が『音楽家の方の本番直前メンテナンス』に繋がっていきます。また、様々な人に活用していただけるよう、技術の『理(ことわり)』があります。その『理』を知ることで、『誰でもどこでも』出来るものとなっています。誰でも・・・というのは言い過ぎかも知れませんが、『必要性』と『情熱』があるならそれこそ誰でも可能であります。『理』があるから『応用』が出来るわけです。【ヒーリングヘッド】の『理』の中にもYuragi Therapyの『理』が入っています。『理』と『技』をしっかりと自分のものにしていただければ、そこから様々な『変化応用』が可能となります。実際、【ヒーリングヘッド】の最初の継承はYOGAのインストラクターの方や主婦の方です。「施術を知らなければならない」というわけではありません。大切なのは『必要性』を感じていること。そして『情熱』があることです。【ヒーリングヘッド】の『理』と『技』と『力』をしっかりと自分のものにしていただければ、ご自身の『必要性』に合わせていくらでも『変化応用』させていけます。『カタチ』とは『理・技・力』が『必要性』という『器』に注がれたものです。【ヒーリングヘッド】の『理・技・力』は【水の如く】『器』に合わせて自在に変化させることが出来るものです。例えば、美容師さんや理容師さんがお客さんに「椅子に座った状態」で行ったり、リクライニングのチェアーでゆったりと行ったり・・・伝えるための『カタチ』はありますが、それは『伝える』という『必要性の器』の『カタチ』であって、真に伝えるべきは『カタチ』の中にある『理・技・力』です。『カタチ』に囚われず、その中に息づく『理・技・力』をしっかりと受け取ってほしいと思います。

【ヒーリングヘッド】メソッドの伝授・指導 詳細

ヒーリングヘッド メソッドの伝授、指導についてヒーリングヘッドのメソッドは、2つの要素から成り立っています。1.Yuragi Therapy独自の『経絡・リンパ・整体技術』による施術メソッド2.エネルギーヒーリングによるヒーリングメソッド以上、2つのメソッドが合わさったものが【ヒーリングヘッド】になります。1.の施術メソッドだけでも十分なリラックス効果、ヒーリング効果があります。そのうえで更に2.のエネルギーヒーリングを施すことで、更なる『癒し』の効果が望めます。よって、ヒーリングヘッドのメソッド伝授、指導を1.と2.の二つに分けてお伝えしていこうと思います。1.2.の両方合わせて【Yuragi ヒーリングヘッド】となります。1.Yuragi Therapy独自の『経絡・リンパ・整体技術』による施術メソッド手足から首、顔、頭部への経絡、リンパ、筋膜へのアプローチ、及び特殊な整体技術の伝授、指導を行います。日にちを開けながら各自で練習を挟んで、最終チェックをしていただくといいと思います。2.エネルギーヒーリングによる『ヒーリング』メソッドヒーリングエネルギーの核となる【龍】との『結び』を行います。それにより『龍使い』となることで、ご自身の【龍】をヒーリングに使えるようになります。但し、これも修養が必要となります。ヒーリングヘッド メソッド伝授・指導上記1.2.のメソッドを合わせて伝授・指導いたします。およそ3~4時間の指導で5回の伝授と指導を行います。または6時間ほどの研修で3回程度の伝授指導を行います。最終チェックによって技術及びエネルギーヒーリングに問題が無ければ【ヒーリングヘッド修了】といたします。料金 ¥78,000- 指導場所自宅サロン【響庵】場所についてはこちらをご覧ください